Saturday, March 28, 2015

Swiss Design - スイスデザイン展


上野博物館のみちのく仏像展の後、オペラシティに回ってスイスデザイン展を見た。BALLY、TIMEX、VITRONIXなど、有名ブランドの商品と歴史を陳列したもので、総じて無菌的なスッキリデザインがスイスらしいと再確認できることは確かだ。スイスエアーやスイス鉄道は基本的にポスターの陳列。正直なところ、規模も大きくないし、商業展示の集まりみたいで、金を取って見せる美術展だろうかとの疑問がわく。最後にル・コルビュジエ関連の展示があるのが美術展としての救いなのか。写真撮影は禁止で、入口エリアの2作品のみOK、ルツェルン応用化学大学による型紙インスタレーションは光とモノトーンの美しい空間だった。


I went to Tokyo Opera City to see the Swissdesign Exhibition. It displayed the products and their history of leading Swiss brands such as Bally, Timex and Vitronix where you could confirm the clean-room-like modern design style that characterized "Swiss". Swissair and Swiss Rail basically showed their old posters. I somewhat doubted if this was appropriate as a paid exhibition considering its size and contents because it was more like a commercial display in a package, but the collection related to Le Corbusier in the end might allow it calling an art exhibition. No photos allowed except two displays in the entrance area, one of which was "Katagami Installation" by the Lucerne University of Application Science and Art, a beautiful space with light and mono tone.

Monday, March 23, 2015

本白根山 Snow Walk - Mt. Motoshirane


冬の白根山歩きは草津国際スキー場と隣接しているおかげで、山のエキスパートでなくても壮観な白銀のパノラマ風景を手軽に堪能できる貴重なコースだ。

まずは天狗山に行ってスノーシューをレンタルする。そこからシャトルバスでロープウェイ駅まで行き、ロープウェイに乗り継げは何事もなく標高2000mの山頂駅に至る。白根山は横手山方向の草津白根山と南に本白根山があり、どちらも2170m程度の山なので雪山登山と言っても獲得高度は200mにも満たないスノートレッキングということになる。

前回登った草津白根山は今回は立入禁止になっていて、代わりに本白根山はOKと言われた。風景はこちらの方が楽しめると思う。本白根山からは下方に万座も見えるし、静可山まで歩くルートもあるようで、調べればいろんな楽しみ方ができそうだ。

The ropeway

See a group of few people in the middle!

アクションカム動画はこちら。A short movie clip:
http://youtu.be/QtOdiC2fzQ8

Thanks to Kusatsu International Ski Resort, Mt. Shirane is a precious treasure to enjoy a snowy panoramic view in the winter for those who are not expert climber.

First thing you do is to go to Tenguyama in the bottom of the ski resort to rent a pair of snow shoes. Then you pick a free-of-charge shuttle bus to the ropeway station where you take a lift to hoist yourself effortlessly to the altitude of 2000m. Actually, there are two Mt. Shiranes here. One is Kusatsu-Shirane in the direction of Mt. Yokote, and the other is Moto-Shirane in the south. Both are about 2170m high, thus it will be gaining only less than 200m altitude when it comes to climbing. A least exacting snow trekking so to speak!

When I visited here a few years ago, we climbed Kusatsu-Shirane, but this time the entry was prohibited and instead Moto-Shirane was available. I tend to think the views are more gorgeous from Moto-Shirane, and there seem to be several routes to try from here for example down to Shizukayama, or Manza is visible fairly close. To go further, we will need to examine more details and risks to enjoy.


Thursday, February 12, 2015

びわ湖ホール声楽アンサンブルのヨハネ受難曲 - St. John Passion by Biwako Hall Vocal Ensemble


第一生命ホールに行くのは久しぶりで、前回は奇しくも「マタイ」だったなあと思い起こす。今回は演奏が東京ではなかなか聴けないびわ湖ホールのグループということで興味があった。席は売り切れ寸前という感じで、8列目の下手寄りはやや近すぎると思ったが他にあまり選択肢はなかった。実際には招待席と覚しき中央部の一列がずらりと空席になっていた。
合唱は各パート4名の総勢16名のみ。イギリスにはその名もザ・シックスティーンという合唱団があるが、さしずめこれはその日本版ということになる。それぞれがソリスト・レベルの実力をお持ちなのに、それを丸出ししない発声で合唱としての音色を揃えて歌うところがとても魅力的だった。唯一ソプラノがややソロっぽい発声かも知れないが、主旋律を引っ張っていくパートだし、声も綺麗なので違和感はなかった。ハーモニーが生み出される瞬間にハッとさせられることが何度もあって、それが全く力むことのない、抑制された歌い方というのには唯々羨ましい合唱だと感じた。福音史家の清水徹太郎はきっちりと仕事をして見事、印象に残ったことを書き留めておかねばなるまい。イエス役の青木貴は前日降って湧いた代役で、しかもこの役は数年前に一度歌って以来とあとで知ったが、まさにプロでした。
オケの方はコンマスとチェロを除けばあとはすべて女性で、「みんな若いなあ」とまず思った。冒頭の合奏で入りの16部音符の流れを聞いたところで、これはあまり良くないかもと先をやや不安視した。演奏自体は徐々に落ち着いて行ったのだが、経験豊富なバロックの演奏家をあちこちで聞いてきた耳には、この若手で構成された小アンサンブルはまだ指揮者の指示をこなすので手一杯なのかしらと思わせたりする歌いっぷりと感じた
ヨハネ受難曲はあまりアリアが多くないのだが、圧巻だったのはアルトの2曲目、キリストが処刑される場面の"Es ist vollbracht"で、こんなに感動してこの曲を聴かせてもらったのは初めてだった。


Lined-up performers at the foyer after the stage
It’s been quite a while since I last visited Triton Square concert hall, and I recall it was coincidentally Mathew Passion at that time. This time, the performance of Biwako Hall Ensemble seemed a rare opportunity in Tokyo and I was interested. The tickets were almost sold out, and I didn’t have much to choose our seats.
The chorus team consisted of 16 singers, 4 for each part. In the UK is the group called “The Sixteen”, and this looked like the Japanese equivalent. Each singer enjoys the ability of soloist while they managed to control their timbre as a fascinating choir without exposing their individual tones. Only sopranos might sound a bit soloish, but their voices were very beautiful and they anyway had to lead the main melody lines, so it was not objectionable at all. The harmony was often breathtaking, and to me it was such an envious chorus as everything was entirely under control by their stressless and smooth voices. I should remark that Tetsutaro Shimizu, the evangelist did an impressively nice job. Takashi Aoki, Jesus was appointed the day before as the replacement of supposed singer who got ill, and he had sung this role once a few years before. He was professional.
The orchestra was all feminin and young except the concert master and a cellist. As I heard the very first passage of 1/16 notes, I felt rather pessimistic compared to other experienced and capable baroque ensembles, but they gradually settled down. Perhaps they are still in the generation busy dealing with the conductor’s instructions.

The most touching among arias was “Es ist vollbracht” by alto in the scence of cruxification.

Saturday, February 7, 2015

政府はどこまで人質救出に動いたのか? - How Much Effort did Our Goverment Make?


新聞に記録されている首相の日誌で、事態が明るみに出た120日までの足跡を辿って、政府がどの程度人質事件に取り組んだのかを探ってみようと考えた。
12月は後藤夫人に身代金要求のメールがあったとされる3日以降、選挙戦に突入で連日選挙区回りに費やしており、外交関係が入り込む余地は全くと言って良いほどない。動きがあったとすれば選挙が終わった14日からとなる。

  9 国家安全保障会議
14 秘書官と朝食
16 犯罪対策(17)、斎木次官(25)
17 飯島参与(20)
18 アブドラ国王と電話
19 斎木次官、中東アフリカ局長他(40)
20/21日はOFF24日に国会招集
25 岸田、菅、斎木(49)
28-4日はGrand Hyattで年末年始休暇

つまりここで怪しいのは16から19日の流れだろう。16日には手短ながら犯罪対策閣僚会議がある。そして外遊の準備はすべて事務方が取り仕切るであろう中、わざわざアブドラ国王に電話している部分は何らかの打診なりお願いなりが出たところかも知れない。25日の4者打ち合わせは何が議題だったのか興味深いが、この時期になると中東訪問の大枠確認ということもある。

そして新年早々のパリ新聞社襲撃事件だ。1月の日誌からの抜粋を見よう。

  6 斎木次官、中東アフリカ局長他(24)
  9 外相、国家安全保障メンバー(60)
13 斎木次官、国家安全保障局長、内閣情報官、警察庁、公安調査庁(96)
14 NSC9大臣会合(7)、斎木次官+国際協力局長(34)

この時点での打ち合わせはほとんどがパリ事件を中心にテロ対策だったと推察される。例えば9日の打ち合わせで、2名の人質対策も議題になったかどうかだけでも解れば政府のスタンスは見える。
パリでの弔問デモ列席をサボってゴルフと揶揄された休養が10/11日。でもこれは外遊前の息抜きだから一概に非難はできない。しかしパリに行かない分、中東でアドバルーンを上げる魂胆が安倍にはあったということでもある。
どんなにやれることはやったと言っても、総理大臣の予定は多忙を極めるし、選挙も組閣もやる中で、実態として外務省に依存するのは当然だろう。従って指示を出したトップの行動を検証するのと並行して、外務省がどう動いていたのかも検証が必要ということになる。彼らもこの部分は「やばい」と感じているからこそ意地になってガードを堅め、省内は口塞ぎでフタされてしまっているかも知れないが、周辺の関係者・関係各国の取材を尽くせば、その全貌は露呈すると思う。

追補
3月5日のテレビ朝日報道ステーションでは時系列で政府筋の動きを追跡する試みが行われ、そこで明らかになったことが4点。1.外務省から12月24日、後藤夫人に「政府はテロリストとは交渉しないし、身代金も出さない」と返事を伝えた。2.年明け9日のNSCでは「人質」の話題はなかった。3.安倍首相が中東訪問で2億ドル支援をぶち上げたのは後藤夫人が身代金額交渉をしている最中だった。4.イスラム国の人質ビデオがアップされた後、現地対策本部をヨルダンに3分で決めた理由は「トルコに頼むと身代金で話が終わるから」だった。ここに垣間見えるのは他人事で処理する態度ではないだろうか。

報道ステーション画面から

Tracing the record of PM’s daily activities before January 20 on the newspaper, I was tempted to examine how much attempt our Government tried to deal with the hostage problem.

In December, our PM had been completely occupied with the election that he strongly forced, which was after Mrs. Kenji Goto Jogo received an e-mail demanding the ransom on the 3rd, and it appeared no foreign matters could be squeezed in. It may be most likely on the 14th and afterward when the election ended.


  9th NSC
14th breakfast with secretary
16th Crime Measure Ministry (17 mins.), Foreign Affairs Admin Vice-minister Saiki (25 mins.)
17th Advisor Iijima (20 mins.)
18th Phone conversation with King Abdullah II
19th Saiki and Middle East/Africa Section Chief (40 mins.)
Days off on 20th and 21st, the Diet started on 24th.
25th Kishida, Suga, Saiki (49 mins.)
New Year vacation from 28th thru 4th at Grand Hyatt.

The smoky area would be 16th to 19th here. Crime measure and foreign affairs one after another. Overseas visit details are all arranged by the staff side, and if PM wanted to speak with King Abdullah II in person, he must have had something special to discuss or to ask.

And then came the attack of Charlie Ebdou in the New Year. 

  6th Saiki and Middle-East/Africa Section Chief (24 mins.)
  9th FA minister and NSC members (60 mins.)
13th Saiki, NSC Chief, Intelligence Officer, Police Dept., Public Security (96 mins.)
14th 9 ministers of NSC (7 mins.), Saiki and International Collaboration Chief (34 mins.)

I assume the major subject in this period was the measures against terrorism in relation with the attack in Paris. If only we manage to find out if the issue of 2 hostages* was a part of the discussion in 9th meeting, it can indicate the actual stance of the Government toward the problem. [*Channel 5 news later revealed not a word of "hostage" was spoken in NSC meeting.]
The ridiculed golf play relaxation instead of taking part in the demonstration marching in Paris was 10th, but it was not so blamable considering a short break before the foreign visits. On the other hand, in Abe’s mind, compensating his absence, he had to blow up a strong and more visible balloon in his journey.
Despite his speech that stressed he did everything he could, PM’s itinerary is always full, and he added the elections and the cabinet by himself, therefore the time was in pieces and he actually and logically depended on the FA ministry. The topics of 4 men meeting on 25th are interesting, but they could be merely the framework of the forth-coming Middle-East visit.
The Government is surely aware that this is the most touchy spot, and they are now busy sealing all the mouths. If the media continues to collect the related information from outside the Government, the fact will reveal by itself.

Monday, February 2, 2015

戦わない人々の声を聴け - Hear the Voices of Those without Arms


My sincere condolences.
R.I.P., Kenji.

https://rorypecktrust.org/rpt-live/February-2015/message-from-rinko

Thursday, January 15, 2015

The Nazis and Abe’s Cabinet – 政治の将来を憂う


正月早々、BSで「ヒトラー権力掌握への道」というドキュメンタリーを観ていた。そこにあぶり出される反知性主義と尊大さ、そしてナルシズムという独裁者の特長がこの国の安倍政権特有の個性に見事に重なり合って見えてしまう。折しも国民の政治的無関心がそうした勢力に台頭の隙を与え、気がつけば一党独裁の権力によるメディア統制や反対勢力の封殺、大学では徹底した焚書まで突き進んで行く。
今週になって、「通販生活」の春号でそんな同じ思いを代弁するような半藤一利の記事を見つけた。


© 通販生活

そもそも政治が国民の思いと遊離している原因は偏に選挙制度にあると僕は考えていたし、その改革を国会議員に委ねて実現するはずもないので、昨年末の衆議院選挙に期待もしなかった。願いはただひとつ、安倍の思い上がりを助長しないで欲しいだけ。ただ結果とは別に、その制度が違っていたら趨勢がどう動くはずたったのか自分なりに検証しておきたいと考えていたので、選挙後に早速得票数の詳細をエクセル上に集めてあれこれ計算を始めた。政治を変える土台作りだと思って。

財政健全化の観点からも議員の数を半分にすれば無駄遣いも半減できる。それは「身を切る覚悟」などではなく、人口が2倍の米国でも下院435名という数を見れば、単に世界の中でも身の程の規模だと思う。人口もこれからどんどん減少するわけだし。そこで目標議席数を200として比例区なしの中選挙区にまとめるケーススタディを考えることにした。

まず各都道府県の登録者数は今回の選挙のために更新された12月のデータをひとつひとつネットで集めた。但しいくつかの県では9月データ(*)までしかアップされていなかったのと、在外有権者数について明記されていない県もあった。それでも1年前のデータをまとめた総務省サイトの数字よりは現状に近いと思う。
ここでは有権者数が約1400万と知ってちょっと驚く。20歳未満の人数がいかに少ないかと言うことだ。でも20/40/60/upと世代を区切ってみれば、子供の数は多くても3割くらいとの理解もできる。あと、登録者数は大都市を除くとほとんどすべての県で数千人単位での減少傾向が明らかで、人口減少が進んでいた。

次に小選挙区の定員数が実態とどの程度ずれているか検証。1+αを定員数295で割ると約35.3万人に議員1名となり、ノーマライズした数字と対比すると首都圏など大都会が割を食っている状況が見える。こんなのは定員数固定じゃなくて、算出方法をフローとして選挙法に組み入れれば毎回調整OKなのにと思う。どこまでも合理的でない。


中選挙区ということについて、国会議員を都道府県別に選出はもともと少々ナンセンスと僕は思っている。地元利益の話は地方自治に委ねて、国政は基本的に大所・高所を見る人材で構成して欲しい。とは言え対極にある全国区型選挙にも長短はあり、今回の投票にも地域の温度差は出ているわけで、それを完全にゼロにしなければとまでは思わない。そこは合理的なベストバランスを探る必要があるだろう。具体的な都道府県のグループ化は間違いなく濃厚に政治が絡んで来そうな部分だと思うが、ここではシンプル且つ感覚的に数字バランスで隣接県を束ねて選挙区割と定数を想定してみた。大規模になる選挙区には1520人区なんてところもあるが、定数何人程度までが選挙民にハンドルしやすいのかとか、定数が多い場合も1名記入なのかとか、特有の問題も考えなければならない要素だろう。

作業を始めて見て、今回の選挙結果から新しい区割りの中での当選者を合理的に推測して、その勢力分布を割り出すというのは無理があるというのを早々と謙虚に理解した。それでも大まかに見えてくることはあるし、この設定下での何らかの結果まで到達することが目的なので、当然最終当選予想も出してみた。その手法は至って乱暴で、これはシミュレーションとは言えず、ひとつの見立てだ。何か高度なシミュレーション・プログラムでも駆使すればもっと信頼できる仮説が提言できるのかも知れない。



結果の妥当性に確たる裏付けはないが、当選者を選別するのに怪しげなプロセスを用いたわけでもない。まずは年末の小選挙区でトップ当選を果たした野党候補についてはそのまま(ほぼ)当選者としてスライドさせるようにした。一方、与党候補については必ずしもそうしていない。理由のひとつは圧勝自民党当選者数が新定員数をオーバーするケースが多々あることによる。当選者選別で重視する要素は各党の得票数なのだが、それを積み上げただけでは実態は見えない。野党候補が立っていない小選挙区が多いからだ。候補者一人当たりの平均集票力で見ると、自民と民主は議席数ほどの大きな差はない。さらに公明も僅かな差で追う。結果の積み上げだけなら共産も無視できない票数を獲得したし、実際に勢力も大きく伸ばしたが、平均集票力では見劣りしている。そうした背景をバランスしながら各選挙区での当選者を振り分けた。従って与党に対しては過小評価に偏っているかも知れないし、それは野党(特に民主)がどのように候補者を絞り込むか次第ということになるだろう。
さて、各地域ごとの概要説明は長くなるので後日別途紹介することにして、ここまでの見立てでは与党が過半数を確保したことがまず結果の第一点。勢力分布は自民110、公明6、民主45、共産19、維新11となった。比例全国区一本なら与党は過半数割れとシミュレーションした例がインターネットにはあったが、そこまでの大きな逆転はない。結果でふたつ目に注目したいのは中選挙区にしても弱小野党の議席確保には繋がらないということだ。これは第三極なども含め、野党が分裂細分化してきたことにも一因があると思う。それではここからどうすれば世の中を良い方向に導けるのか、考えることは多いと思う。

Tuesday, December 23, 2014

CXホイール - Fulcrum Racing 5CX

以前書いたようにOrbea Onixを少しクロス寄りにスタイルを変えてみるためのパーツが集まった。その中心がフルクラムの5CXホイールだ。これはシマノ・フリー用が英国のショップではどこも欠品で、国内のSanaから仕入れた。LGの表記も加わった2014年モデルの最新版で、1600g台の重量(公称1690g)に期待していたのだが、実測では50gオーバーだった。簡単に考えていた作業だが、これは結構難航した。



用意した2種類の28c幅タイヤから軽い方のGatorskinをまずフロントに履かせた。次に遙かに分厚いContact IIをリアにセットしてフレームに組んでみると、幅はOKなのだが直径が大きすぎてフレームに接触する。5気圧なら1点軽くこする程度だが、6気圧では完全にアウト。28cタイヤはロードレーサーフレームに合わないものがあると読んでいたので、それを実地検証するハメになった。仕方ないのでGatorskinをリアに移したが、これがリム高の差からなのかはめ込むのがなかなか大変、どうにか収めたものの空気が抜ける。どうもタイヤレバーで中のパナレーサーチューブをつついたらしく、もう一度バラしてパンク修理からやり直し何とか事なきを得る。このGatorskinですらフレームとのクリアランスはギリギリだった。そんなわけでフロントのタイヤは買い直しだが、ツアー仕様の25c選択肢コンチネンタルGrand Prix TourとパナレーサーのRace D Evo2から前者を選ぼうと思う。

取り敢えず今日のところはフロントにはいつものパナレーサー23cを履かせてテスト走行してみる。まずはフルクラムのホイールだが凄く静かだ。逆回転時のラチェット音が聞こえない。そしてリアがGatorskinに変わっただけで足回りがかなりマイルドなものに変わった。雰囲気としては地に足が付いている感じの安定感とでも言うのだろうか、何となく長旅ツアーには相性が良さそうに思える。



A few months ago, I wrote about modifying my Onix road racer bike with slightly more CX flavor, and I have gathered the components the center of which are Fulcrum Racing 5CX wheels. Its version for Shimno cassette was unavailable in any net shops in Britain, and I ended up ordering them from Sana in Japan. The latest 2014 version carried the CX/LG mark on the rims. The setting was expected to be easy but it wasn’t actually.

I got 2 different kinds of 28c tires, and I first put the lighter Gatorskin in front. That was straightforward. Next, much heavier Contact II was installed in the rear wheel, but I found it touched the frame. I recalled that I had read about the possible size problem with 28c tires (and even 26c) in fitting with road racers. So the alternative is replacing Gatorskin from front to rear, but this time it was tough. The tire was very tight. It may be because of the difference of rim heights. I put everything in place, but the air didn't pump in. It looked like I touched the tube with the tire levers in the process. I had to start again from the scratch beginning with the repair of flat tube. In seeing Gatorskin in the rear, I recognized that it was eventually the wearable maximum for my Onix. An alternative 25c tire either Continental Grand Prix tour or Panaracer race D Evo2 needs to be ordered.

I then went out for a brief test run wearing the usual 23c Panaracer tire in front. The very first thing I noted with Fulcrum was its quietness. I did not hear the ratchet noise. The footwork got very mild by the mere change to Gatorskin tire. It feels reliably stable and therefore proably good in long tour rides.


Thursday, December 18, 2014

ハイレゾPCオーディオへ - Into High-Res PC Audio


PCオーディオという括りの中でハイレゾの存在感が高まっているので、そろそろ我が家でも腰を入れて環境整備を始めてみようかと考えた。これまではパイオニアのBDP-150という安物ブルーレイ・プレーヤーのフロントUSBスロットにメモリーカードを差し込んでファイル再生を試していただけだ。ここしばらく友人の同じ悩みにあれこれ付き合って検討の結果、彼はOPPOBDP-105を購入することに決めたが、こちらはそこまでの投資は難しいので息子のRME Fireface UCを巻き上げて、この年末で本格実験路線を走ることにした。
一般のPCオーディオはUSB-DACという製品を購入してPCUSBでつなぎ、オーディオシステムで再生するのだが、僕の場合はステレオ限定ではなくサラウンド音源も扱いたいので、選択肢がかなり限定される。一番シンプルな解法はHDMI出力がマルチチャンネル音声対応となった最新Mac miniAVアンプを直結することかなと想像しているが、我が家のiMacでは古くてその機能はないし、他のPCも、そしてオーディオ機器もHDMIは今もって未整備なので、結局ハードならOPPOプレーヤーしかないし、あとはソフトデコーダー・アプリ依存となる。

さて今回はまずケーブル。RMEの出力はバランスPhoneなのでPhone/RCA4本作る。早速オヤイデのサイトを覗いて、FurutechのプラグとAcross 750V2ケーブル3mを発注。ここまで凝る必要はないかと思いつつ、まあハイレゾだからと自己暗示するが、これで小1万の出費だ。ところがFurutechのプラグはボディが太すぎてRMEのユニットにはやや不適合だった。そのせいかどうかチャンネルアサインに不審な挙動などあり、他のケーブルを混ぜ込みでとにかく先に進む。RMEユニットはオーディオ・ラックの中に収めるので、PCとは5mUSBケーブルでつなぐ。これは安物で済ませた。

デコーダー・アプリはただではないが、どれもお試しダウンロードできるので、まずDSD128対応で音が良いと聞いていたHQPlayerを使ってみる。このソフトの場合ソースの再生30分というお試し制限になっているようだ。5.1PCMは問題なく処理したが、DSDマルチになると音がブツブツで連続再生しない。その可能性は聞いていたものの我がiMac2009では無理なのかも。それにこのUI$200も取る商品とは思えないくらい粗末で気持ちも遠のく。


そこで次にAmarra 3.0に挑戦。このソフトはかなりポピュラーなはずなのだが、如何せんDFFファイルを読んでくれないのでその場で却下した。


気持ちが滅入る中、最後にAudirvana Plus 2.0。お試しは約2週間、大晦日までと告知される。UIはややマシな部類。DSD128マルチのファイルもすんなり読み込んでスイスイ再生する。拍子抜けするくらいだ。パソコンで他の作業をするとノイズが乗ったり、処理が一瞬遅れたりするが、ほぼ連続再生できている。


さて音質比較だが、2Lのテストベンチ・サイトで各種フォーマットの音源を取り込み、手元にあるディスクとも比較再生してみた。以下はTrondheim SolisteneDivertimentiでの試聴。因みに比較に使用したプレーヤーはCambridge AudioのAzur 650。
DSD128の音がかなりスリムで低音が迫ってこないし、弦合奏の音もしゃくれてキツイ。SACDディスクも同じ傾向はあるが、もう少し質が高い印象だ。ところがBD版は別物というくらい楽器のリアリティ、音域バランスとも秀逸で、それはこの音源が元々DXD384での収録なのでDSD変換では劣化があるのかも知れないのと、あとはPC再生がハード再生のレベルに来ていないということなのだろう。DXDソースもダウンロードしてみたが、こちらはBDには及ばないもののかなりまともな音質に感じられた(但し192kで処理)。それにしてもAudirvanaはDXDまで再生してくれるんだ!あと、PCからの音はディスクより数dB低いという違いがあった。




Wednesday, December 3, 2014

ロ短調ミサ曲演奏会 - Bach B-minor Mass Concert


府中の森芸術劇場のウィーン・ホールに初めて入った。客席500程度の小振りなホールだが、立派なオルガンが目の前にそびえる。やや縦長の四角い空間で2階席はない。側壁面は吸音面と反射面を表裏に持つパネルで自在に残響時間を調整できる。今回は音楽を聞きに行ったのではなく、我々のコンサート、バッハのロ短調ミサ曲の会場となっていて、ステージで歌ってみる限り割とドライに感じるが、耳を立てるとほのかな響きが戻って来るのも聞こえる。2年半ほど前のことだが、「マタイ受難曲」の演奏会について書いた。その合唱団クール・ドゥ・シャンブルは常に古楽器との共演を続けていたのに惹かれて自分も参加しようと考えた。ところがグループは前回の演奏会で解散することを決めていたのだ。その後メンバーの強い希望からもう一度だけ取り組んでみようと動きだし、今回が本当に最後のプログラムとなって、僕も滑り込みセーフという機会を得たわけである。
弱小グループの挑戦というのは練習などにも多々課題は残したが、以前参加していた宗教的母体の合唱団よりは平均的に音楽意識が高いことが救いで、この難曲もどうにかまとめて客の入り85%の盛況の中で演奏会を終えた。それなりの達成感に浸る。


I visited Vienna Hall of Fuchu City for the first time. It is a compact concert hall with the capacity of some 500 seats, but a magnificently tall pipe organ is installed in front. It is a rectangular box with relatively narrow width and there are no upper floors. The side walls have flexible panels of reflective and absorbent surfaces that can reversibly rotate enabling fine tuning of reverberation time.
I did not go there to listen but we had our own concert, Bach's B-minor mass. Singing on the stage, I thought the acoustic sounded dry but if you carefully listen, one can sense the subtle reflection of sound coming back. I wrote about Matthew Passion concert about 2.5 years ago, and I became strongly obsessed to sing with period instrument orchestra, and decided to join this Choeur de Chambre, but they had concluded to dissolve after Matthew. Some members strongly proposed to extend their activity once again, and I thus managed to squeeze myself in the real final concert. This project itself was a tough challenge for such a small amateur group, but the hall was busy with 85% full audience and the performance was successful. Our long effort paid off.

Tuesday, November 4, 2014

iPhone 6Plus - 待望のカナ・キー入力


届きました、iPhone 6Plus!
11月上旬の予定が前倒しに先週早々アップルからの配送。早速使い始めると言っても、実はこのSIMフリー版に現用iPhone 4のマイクロSIMは使えないし、SB解約は更新月の年明けまでお預けなので、当面はiijmioの2GプリペイドSIMを入れて端末として使い始めるという算段だ。行く行くはmioふぉんにMNPするにしても、通常のスマホ契約みたいに巷のNTT無線ホットスポットを今までのようにただ乗りはできないので、月額200円のフレッツスポットも契約することにした。取り敢えず、メール、インターネット、facebookあたりがメイン用途になるが、この画面サイズはさすがに広くてスマホとは別世界だ。使い始めるともう元のサイズには戻れない。SIMフリーに動いたのは、スマホの毎月のコストを抑えたいことと併せて、海外旅行の度に万単位の通話料を徴収されたことが背中を押した。


6Plusにした背景はと言えば、携帯とタブレットの中間的な使い方を目指したからだ。初代iPadは日本語入力に絶望して早々に売り飛ばした。そうこうするうちにノートパソコンのこれまた初代MacBook Airのバッテリーが完全昇天した。スマホとノート両方を買い換えるのは荷が重かったので、6Plusで何とかやり繰りできないかと考えたわけだ。
ある日、iPad関連の情報を漁っていたら、iPad/iPhoneで外部JISキーボードを使う話に遭遇して「これだ!」と思ったのは、何しろ僕の場合は親指シフト以前からカナ・キー入力という変人という手前もある。あれこれ製品を物色して書き込み評価を読んだりしたが、Bluetoothキーボードの多くは英字キーのみでJIS版の製品は数えるほどしかなく、結局一番安定動作を期待できるのは純正の製品だろうと結論した。本当は小さくてどこにでも持ち出せるのがベストだけど。
本体の設定画面でまずキーボードをBluetooth接続させ、あとはハードウェア・キーボードのカナ・キーを追加チェックするだけで、僕の希望はあっけなく達成された。実際の操作性はキータッチに対する本体のレスポンスがやや鈍くスラスラとは行かないし、変換ショートカットもなさそうなので十全とは言えない。それでも本文入力でのストレスは軽減できる。
スマホ・スタンドは自作しようと思っている。高さや寝かせ角を見極めるため、段ボールで使い勝手を確認中というのが3枚目の写真だ。アクリル成型で作れると良いなと自分で考えたスケッチとよく似た製品が既にサンワサプライから出ていたが、そのままでは高さが低すぎるし角度も寝かせすぎなので下駄が必要だ。



iPhone 6Plus arrived from Apple! 
It was supposed to be in the beginning of November, but it came sooner early last week. It is a SIM-free version, and I actually need to wait until the expiry of current contract with Soft Bank end January because they will charge 10,000 Yen extra fee for cancellation in other months. So I bought a prepaid SIM (mainly for travelers) that allows 2G data transfers but no phone calls, and I will live with it for 3 months until I sign with IIJ mii-phone. This will serve in e-mails, internet browsing, Facebook, Skype or FaceTime calls (although the settings in Address Book for FaceTime appeared more tricky). This mobile will avoid excessive phone charges in my trips overseas as well.

I am particular when it comes to Japanese text input, detesting most-popular Roman keyboards. It was the sole reason why I gave up using iPad so quickly. In the meantime, the battery of my first-generation MacBook Air went completely dead, and my hope was this larger cellular would do both jobs in compromise. An enlightening fact is the use of external Bluetooth keyboard under IOS 8. Apples wireless keyboard seemed most dependable among limited choices of actually available products with JIS key layout, and its setting was simple and smooth by specifying the hardware keyboard and its mode under Control menu.
The response of cellular to key inputs is not quick enough, and the lack of some short-cut keys fails to make the job seamless, but at least my text writing became less stressful.
I am going to make a mobile stand for myself, and the paper mock-up in the picture is to confirm the right height and angle in the use. 

Wednesday, September 24, 2014

Prologo C One.30 Saddle - プロロゴのカーボン・サドル

今回米国旅行での収穫のひとつがこのC1.30サドルだ。eBayでポチッたものだが、お買い得値段で落札できて、状態もまずまずだった。触ってみるとかなり硬いサドルという印象だが、どこかの書き込みに座った時クッション性を感じると印象が書かれていて、それに賭けてみたわけだ。確かに角度設定を追い込むとフィット感が良くて、同じプロロゴのChoice(旧バージョン)より辛さがなかった。実際に100km超のツール参加を支障なくこなせたので大丈夫だと思う。そしてこの軽さを獲得したのが最大のメリットでやる気が起きる。但しビブ・ショーツは不可欠。
他にも普通には高すぎて買えないEggbeater 11ペダルを狙っていて、出物があったので自分の予算内の$185で入札してみたが$191でさらわれてしまった。



One of achievements in my trip to San Francisco was this Prologo C1.30 saddle. I found this in eBay and won it for a reasonable price, and it was actually a fairly good condition. This carbon saddle looks very stiff touching its surface, but I relied on a comment in the net that said rather flexible sitting on it. When the sitting angle is precisely fine tuned, it fits me well, and I tend to feel less stress than Prologo Choice. As I went through over 100km in Tour de Fuzz, I can say it is certified, and the immense achieved value is its lightness! And bib shorts are essential to wear.
Other than this, I have been looking for Eggbeater 11 pedals that I cannot afford normally, and I bid $185 within my budget for a used pair in eBay, but someone charged $191 to take them.

Sunday, September 21, 2014

SFMOMA iPhone Speaker - iPhone用スピーカー


サンフランシスコの現代美術館は2016年まで改装閉館中だが、空港のミュージアムショップを覗いてみたらこんなアイテムがあった。音量は少し拡声される程度だが、テーブルとか枕元に置いてKUSCのクラシック音楽放送やFMラジオを聴くにはなかなか良い。縦横どちらでも置けて、色は赤・青もあった。価格は$7。

SFMOMA is now closed for renovation until 2016, and when I stopped by at its museum shop in the airport, I found this item. The sound is boosted a little bit, but it conveniently sits both vertically and horizontally. I found it handy listening to KUSC classical music on our coffee table or bedside table. Alternative colors are red and blue. Price $7.


Saturday, September 20, 2014

Le Tour de Fuzz 2014


どこのチームにも属さず、練習も余り好きじゃないのでレーシングより旅人でいたいと一匹狼で走るのだが、ロードレーサーのメカには目がない、そんな自分が初めて自転車イベントにエントリーすることに。友人に誘われて、サンフランシスコ郊外のサンタローザを起点にワインカントリーをブラリと巡る100kmツアー「Tour de Fuzz」に参加すべく、数年ぶりの米国に一週間ほど出かけてきた。この催しはレースではないので、自分なりの走り方で楽しめば良いとのこと、ツールにはもう一段上のグランフォンド級100マイルの部もあるのだが、現状では100キロが限度と考えた。エントリー数1000名以上のうち、100マイルに挑戦するのは100名弱。

実際に走った感覚では、30キロにしても50キロにしても、日本で走るより遠い感じがしたのは何故だろうと考えてみたが、ひとつには細かい緩斜面のアップ・ダウンが結構な頻度で続いてそれが自分には負担に感じられたのと、信号停止がほとんどないため持続走行が長めだったからではないかと思う。上り坂でどうしても遅れを取る僕に途中までは気を遣ってペースを合わせてくれていた友人も後半は構わず先に進んで置いてけぼりとなった70キロ付近で僕の前輪がパンクした。スペアチューブとボンベはサドルバッグに入れていたが、タイヤレバーはあいにく友人任せだったので、手だけでタイヤを外してチューブ交換の作業をすることになった。まあ、これは経験あるので焦ることはない。チューブを取り替えたところでちょうどサービス・カーが来合わせて、念のためタイアを点検してくれたら、何と針先程度の金属のトゲが刺さっていて空気を入れたらまたパンクさせるところだった。

レーパン姿の参加者を眺めると、メガネもしくはヘルメットから突き出すような小さなバックミラーを装着している人が多い。ロードレーサーは専ら米国ブランド車だがなかなか壮観。意外にもCerveloはほとんど見ないが、その代わりFUJIが結構目立つ。欧州車もあまり見られがないのがやや残念。

100-mile group starts at 7a.m.
First rest stop @30km

Food/drinks offered
Line for the rest rooms

Preferably a traveler than a racer, not belonging to any team reluctant to do repeated exercises, and yet loving the mechanical aspect of road racer bikes, therefore I always run independently on my own and I have never joined bike races. This was the very first occasion for me to make an entry to a bike event, upon invitation from a friend of mine, to cruise around the wine country in Santa Rosa in the suburbs of San Francisco. Le Tour de Fuzz offers a 100km route that we join, and on top of it is a 100-mile challenge. Among total participants of over 1,000, less than 10% joined this granfondo-class challenge.

Actual impression of 30km or 50km was somehow more distant than what I used to feel in Japan, and I wondered why? There were relatively frequent shallow and small ups and downs that could cause me more fatigue for one thing, and less traffic signals forced me to maintain running longer distance for another. I am very slow climbing, and my partner tried to keep his pace with mine, but after the second rest stop I was far behind him and then my front wheel went flat at about 70km. I had spares but the tire lever tool was unfortunately in his saddle bag. I had to remove the tire and replace the tube by hand, which wasn’t panicking as I already experienced these procedures.

Looking around the people in racing costume, interesting was many of them had a small back mirror that was attached to their helmet or sunglasses. As for the road racers, most of them were American brand bikes and to the most part they looked gorgeous. I seldom saw Cervelo that was strange, on the other hand there were many Fuji. European brands seemed limited, too.

Thursday, August 7, 2014

Hidden Handel – 仏ナイーヴ盤のAnn Hallenberg

大変質の高いアルバムです。ライナーノーツには「このアルバムにはヘンデルのオペラ及びオーケストラ作品の中で全くあるいはほとんど知られていない曲を扱っており、アリア12曲のうち9曲は初めての録音だ。ニ長調の行進曲HWV416もまた然り。アリアの多くは既存のオペラの挿入曲(=arie aggiunte)で、後日の舞台でソリストが異なることに対応したものだ。」と解説されています。
次々と溢れ出る耳当たりの良いヘンデル節はヘンデル好きにはたまらない一枚。アラン・カーティスとメゾソプラノのアン・ハレンベリは現在最強のカップリングと言えるでしょう。彼女を初めて聞いたのは2008年ノーベル賞演奏会で、ガーディナーがモーツァルトのハ短調ミサを指揮したビデオでしたが、メリスマの美しさはあっけに取られるほどでした。


Quality recordings as expected. Alan Curtis and Ann Hallenberg are probably the most dependable coupling for Handel operas today. In the liner notes, it explains “The Handel arieas and orchestral pieces on this disc span a narrow spectrum from the comparatively unfamiliar to the practically unknown. Nine of the twelve arias are recorded here for the first time, as is the D-major March, HWV416. The arias are mostly arie aggiunte, composed for insertion in later performances of existing operas to accommodate a different cast of singers.”
A flow of comfortable Handel melodies is a true delight of Handel lovers. Ann Hallenberg's presentation of melismas is amazingly beautiful and I don't forget the first occasion I heard it in Mozart's C-minor mass in the video of 2008 Nobel price concert.

Thursday, July 10, 2014

我がバイク構想修正中 - My Bicycles Evolve


買い物で走行中、リア・シフターのラチェットが滑って変速が出来なくなった。これまで何度か見舞われているトラブルで、カンパChorus STIの心臓部の歯車が回転の弾みで位置ズレを起こすのが原因、レバーをローに押しすぎたかな。
今回は「どうせバラして直すなら、ついでにしばらく温めていた構想を実行することにしよう」と、2台の自転車の制御系パーツを入れ替えることにして、シマニョーロ11速はCristalに載せ、Onix10速に戻すという変更に取りかかった。

これはスペインの巡礼路で見た自転車事情に刺激されたと言っても良いのだが、向こうで走っていたのは悉くMTBで、以前フランス・ピレネーで見たツーリング風景とは全く違っていた。路面のことを考えると、細いロードローサーのタイヤでは一気に不安が増すのは確かだ。特にコンセプトもなく組み上げた今のロードレーサー2台だが、それぞれを今後多様な旅などにも持ち出したいし、もっと広い用途に適用させるべく構想を練ってみようと考えると、少なくとも今のフレームはそのままでもシクロクロス・タイヤの用意は要るだろう。


まずBH Cristalだが、軽量パーツはこちらに集約してランニング・マシンとしての仕様を強化する。元々このフレームはパートナーが走る時のためという口実を大義に大枚を叩いたものだが、カミさんを含めロードを走りたいというパートナーは結局登場していないので、この際堂々と自分専用の細工を施してしまおうという決断だ。アルミホイールを抱いてシャープな風貌だったCristalが、ZIPPに変えた途端に戦闘的な雰囲気に一変した。これに将来はDi2を搭載したいと思っているのだが、何ら電動対応が施されていないフレームなのですべて外付けになるとBHに言われて今は引き気味になっている。その代わり、クランクをFC-9000にして、ブレーキはPlanet-XのCNCで妥協するなどすれば6kgに近い重量を目指すのはかなり現実的な話だと思う。サドルもPrologo C.one30を米国に確保してある。

対照的にOnixは日常用バイクとしてのバランスとシクロクロス・ツーリング指向を持たせる。ホイールはこれからだが、フルクラムのレーシング5CXにする予定。ZIPPに慣れた身体には重いだろうが、元々Onixは登坂性能が良いし、ロード主体のツアーの時はキシリウムとCS-7900に乗せ替えれば良いと考えている。近場の買い物など日常使いもあるので、万一盗難に遭った場合の損害が甚大にならない対策という面もこの構想の一要素だ。
因みにこの2008年モデルは、ルックス的には今やクラシック年期を感じるものの、Orbea最後のスペイン国内産カーボンフレームで、それなりの愛着から買い替え処分する気になれない。



While I was running for routine shopping, the ratchet in the STI control lever for the rear shifter went slipping to cause the derailleur stop functioning. I had encountered the same problem a few times in Campagnolo Chorus STI. Maybe I pushed the lever excessively. Well, I have to open it and reset the cum in place, then it may be a good opportunity to execute the plan I had been thinking…
That is to replace the controller parts between the two bikes I have: 11-speed goes to BH Cristal and 10-speed goes back to Orbea Onix.

The bike situation that I saw in my recent trip to Spain may have stimulated me to consider this because all the bikes I saw in the pilgrim road were MTB which was a totally difference scene from that in French Pyrenee. The road surface was indeed a definite problem for narrow road racer tires. I would at least like to couple my existing frame with some cyclocross tires logically. Ultimately, my two bikes could possibly have different focuses in their concept in order to cope with wider applications.

Firstly, BH Cristal will gather most of light-weight parts to enhance its character as the running machine. I obtained this BH frame originally for my partner just in case she joins biking, but so far she stays reluctant, therefore it may be time to assume this bike purely for myself now. When it is coupled with ZIPP wheels in place for sleek, aluminum Mavic, the mood became completely aggressive. I am thinking of Di2 installation in the future, but this Cristal frame has no provisions for Di2 according to BH, and everything has to be external, which distracts my motivation quite a bit. If I get FC-9000 cranks instead and compromise with Planet-X CNC brakes, the weight can be very close to 6kg realistically. I have Prologo C.one30 saddle waiting for my pick-up in US for this project.

In cotrast, Onix will be my daily-purpose bike and would serve for sort of cyclo-cross applications. For that, Fulcrum Racing 5CX wheels are in my shopping list. They may be heavy to drive in comparison with ZIPP, but Onix itself performs great in climbing, and I can still use Mavic wheels with CS-7900 cassette for road tours. Without having too exotic components with Onix, the damage when lost or stolen may be minimized. The 2008 frame is the last model of Onix carbon produced in their Spain factory, and that is one of reasons I cannot sell it out for something else.