Thursday, August 11, 2016

小バエ退治

台所に小バエがかなり来ているので、退治に乗り出すことにした。アース・ジェットのような殺虫スプレーが強力なのは判っているが、それを台所で無闇に使うというのはやや抵抗がある。そんな時に偶然発見したのが、台所用アルコール除菌スプレーだ。なかなか有効と言うか、交尾飛行中のペアもこれで撃ち落とせる。成分がアルコールにしては効き過ぎなのだが・・・。


Wednesday, June 29, 2016

ガーディナーのストラビンスキー - Gardiner Conducts Stravinsky


6月5日未明にベルリンフィルのディジタルコンサートホールでガーディナーのライブ配信があるとの情報をつかんで、どうしたものかと悩んだが、翌朝は合唱の練習があるので徹夜はできない。諦めて後日の録画配信を観ることで良しと諦めた。その演目は『ミューズを率いるアポロ』と『エディプス王』で、ストラビンスキー好きでもあまり聞かない曲だと思う。

まず、『アポロ』の方は弦合奏組曲で至って取っ付き易い作品だ。実はガーディナーには2年前にロンドン交響楽団(LSO)との共演でこれらを収録したディスクがある。これが何とも素晴らしい録音なのだ。LSOはゲルギエフのマーラー交響曲など、精力的なアルバムをLSO LIVEシリーズとしていくつもリリースしているのだが、DSDのマルチチャンネル録音としてはむしろこのガーディナー版に演奏空間のパースペクティヴが感じられ感銘を受けた。LSOの演奏も勢いがある。それに比べるとベルリンフィルのデジタル配信は音も普通のステレオだし、演奏もおとなし目な感じだった。しかし、この演奏を聴いていて新大陸アメリカの雰囲気をこんなに発散させている曲はドヴォルザークどころじゃないぞと思った。世界恐慌前の良き時代でもある。そして終曲前のCodaは確実に楽しめるし、観ている分も鑑賞の妙味がある。

ラテン語オラトリオの『エディプス王』は言葉の壁もあるし一度聴いたくらいでは咀嚼できない音楽という感じで、ディスクを聴いた時は何が進行しているのかまるで判らない状態だったが、映像付きのベルリンフィルだと俄然集中できた。演奏会形式とは言え最低限の舞台効果もあって、音楽のドラマ的構造が理解できるのが強味だ。本来フランス語の語り部はブルーノ・ガンツがドイツ語で演じていたが、PCではなぜかクローズド・キャプションが機能しなくて何を喋っているか理解できなかった。

ところで、演奏会録画の後にはガーディナーのインタビューも見ることができる。いろんな話題が飛び交っていたが、『アポロ』については低音楽器を前列に置き、それを囲むように後にヴァイオリンなどを立たせたステージにしたこと、そして弦の本数も作曲家の指定通りに少なめで親近性のあるものになったと語っていた。そのうち話はガーディナーがオーガニック農場で羊や牛を飼っていることに飛び、チャールズ皇太子の農場は100km北隣だとか、世間話に発展していた。



Tuesday, June 28, 2016

モーツァルト最後の5年 - The Last Five Years of Mozart


東京バロック・スコラーズのチャリティー・コンサートに駒込の聖学院まで出かけた。バッハを中心に歌うグループなので、タイトルからして興味深いお話と演奏会だ。モツレクは抜粋なので合唱部分を全曲歌うとは思っていなかったからちょっと驚いたし、これまで演目に挙げていないだろうにいつ練習するのかしら?と好奇心も沸いた。そこで三澤氏の話だが、モーツァルトがライプツィヒを訪れてバッハのモテットを聴いていたく感銘したこと、それ以降の作品にバッハへの意識が色濃くなるとの説明で、フーガの技法のテーマがそのままモツレクの主要テーマになっていることを指摘。「えーっ、ホントかよ!」と思った。


さらにラクリモーザの一節にはB-A-C-Hのフレーズが埋め込まれているというのも、単なる偶然ではないと見る訳ですね。

この合唱団、男声陣は20名で、T/B比が12:8と珍しくテナーの方が多い。その分Singetのモテットではバスがちょっとバランス的に不足気味に聞こえた。僕は性質上いつもテナーを注意して聴くのだが、粗探しということではなく、後半に疲れが出るのか集中が弱まる度に音程がぶら下がり傾向に感じた。ところで自分で歌ったのとは若干アレンジが違う曲があったので、確認してみたらペーター版の楽譜を使ったそうだ。楽しめたコンサートだったので、東日本大震災のカンパをして会場を後にした。

Last Sunday, I went to a high-school auditorium for a charity concert by Tokyo Baroque Scholars because I thought the conductor's discussion under the title "the Last 5 Years of Mozart" sounded interesting. I was expecting merely an excerpt for Requiem Kv. 626, but they sang the whole chorus sections. If I remember correctly, they don't put this piece on their formal concerts, and when do they actually practice, I wonder?

Mr. Misawa talked about Mozart's visit to Leipzig where he received the performance of Bach's motets to which he was very much moved, and Bach thereafter became a more influential part in Mozart's composition. Some examples are Requiem's main theme being derived from the Art of Fugue; and a phrase in Lacrimosa features B-A-C-H code which is not a mere coincidence.

There were 20 male singers in the group, and more tenors (12) than basses (8) is not so typical. Reflecting it perhaps, the balance of bass in "Singet" motet sounded a bit weak. I always pay more attention on tenors by nature, and I found they slipped their keys slightly low harmonically as their concentration faded toward the later songs in Requiem (due to accumulated fatigue possibly). Quite enjoyable concert overall, and they collected the donations at the exit for supporting the recovery from now 5-year old Disaster.

Thursday, June 2, 2016

Abenomics Failure, G7 & Consumption Tax - 危機をリスクにトーンダウンして首相はG7で言い訳作り


これは観ておこう。
http://www.videonews.com/commentary/160528-02/

通常国会終了後の会見でもこの総理大臣の頭はつくづく支離滅裂だと思った。まず雇用・賃金関連で、国内でアベノミクスはうまく行っていると、25年ぶりだとか、今世紀初だとか豪語。そこから一転して世界経済はリスクの中にありその原因は新興国だと言う。数日前(5.23)に「緩やかに回復」と公式に謳った総理府の月例経済報告との整合性などお構いなく、欲しければ小児病的にG7まで出汁にするとは。出所不明の資料を使ってでもG7で欲しかったのはとにかく「リーマン的状況」というアリバイの一点。浅薄さの極み。

はしたない = 礼儀に外れていて見苦しいさま。慎みがなく下品なさま。[明鏡国語辞典]

PM Abe held a press conference on closing the Diet, and it only highlighted he was insanely incoherent. Firstly with regard to the employment and payment issues, he stressed that Abenomics was well on its track because some numbers were record-breaking in 25 years or first in this century. He sounded bluffing. Then turning to the world economy, he regarded the situation was in a risk similar to Lehman shock because of developing countries' slowdown. Only a few days before, on 23 May, the Government had issued its monthly report of economy to conclude it was in its steady course of recovery, but Abe did not care about the consistency as his aim was G7 to consent with the idea of a crisis or a risk resembling to Lehman so that he could use it as the unavoidable alibi for delaying the scheduled raise of consumption tax rate. What a shallow-mind!

“Hashitanai” = vulgar, shameful, lacking courtesy. 


Sunday, May 29, 2016

Barack Obama's Visit to Hiroshima - オバマ大統領の広島訪問

Mainich Shinbun article cover page
In the recent, long-waited visit to Hiroshima by Mr. President, Obama made a 17-minute speech, which was memorable to many "Hibakushas". Local newspapers posted its full text with their own translation, and it is amusing to read some of them to compare the subtle differences in the choice of words. Mainichi Shinbun's web site is probably most comprehensive as it post the full video with the Japanese subtitle as well as the text in both languages:

http://mainichi.jp/articles/20160528/k00/00m/040/171000c

広島では長く待たれていた米大統領の被爆地訪問が実現し、オバマ大統領が17分に及ぶ所感を述べた。内容についての思いはこもごもだが、被爆者たちにとっては記憶に残るものとなっただろう。新聞各紙にはその全文が掲載され、それぞれの翻訳に訳語の選び方などの違いを比較して読むのも楽しい部分だ。毎日新聞サイトには字幕付き映像の完全版も掲載されているので、まとまりとしては良いアーカイブだと思う。

Tuesday, May 10, 2016

足利フラワーパーク - Wisteria at Ashikaga

HISのバスツアーで世界最大級の藤棚を誇る足利フラワーパークに行った。ゴールデンウィーク明けでも昼間ではなくライトアップのツアーなら確保できた。紫色の藤は既に見頃を過ぎて終盤だったが、それでも見事なもの。大移植の末、ここまで育てたスタッフの方々には敬意を表するばかり。次回、来年以降は時期を吟味して訪問だ。









Right after the Golden Week holidays, we joined the HIS bus tour to Ashikaga Flower Park to watch their renowned world's largest wisteria shelves. Because the daytime tours were not available, we took a lit-up visit plan. The peak of violet color blossoms was already over, but their views were still amazing and magnificent. White and yellow blossoms seemed in the right timing. Next time, we will carefully choose the season. If you are interested in how the park will turn out ultimately, watch the link below:
http://www.amusingplanet.com/2012/03/ashikaga-flower-park-japan.html

Monday, May 2, 2016

若冲展 - Jakuchu Exhibition, Prelude

開場前の朝9 時に都美術館に行ってみたら、連休中の平日と言えど、列の蛇行が入口前の広場を埋め尽くして2時間待ちくらいの異常な様相。他の用事に切り替えて、後日出直ししよう。カラヴァッジォ展の行列は20m程度だったが今日は観ない。


I went to Ueno Park at 9 in the morning, a weekday in the midst of Golden Week holidays, hoping to see Jakuchu Exhibition at Metropolitan Art Museum, but the curving queue (like a snake) occupied the entire open space of the entrance. It would take some 2 hours to go in, which was insane to me, and I decided try on a later day, perhaps Friday evening. The line for Caravaggio was only 20 meters long, but I was not inclined to see it today either.

Sunday, May 1, 2016

小海線沿いの桜道 - Izumi Line

小海線の甲斐小泉と甲斐大泉間を線路と並走する道に桜の木がちらほらと列車の中から目に入り、帰り道に歩いてみようと思い立った。全行程は約6.5kmほど。車道の端を歩くので車の往来には注意が必要。ゴールデンウィークだったが、交通量はさほど多くはなかった。泉郷を抜ける気持ちよいくねくね道だ。
*1: Ayako Fuji's Cafe
*2 Pie and bakery shop
*3 

*4

*5

*6 The best tree on the road

*7 It is said Izumi Line

Kai-Koizumi was the goal.
Between Kai-Koizumi and Kai-Oizumi on Koumi Line, I could see beautiful cherry tree still in full bloom from the train on the road that ran along the railway, and I thought of walking on my way back. It is about 6.5km between the two stations, and you have to walk the side end of the road avoiding the running cars, but the traffic was not so heavy even in the Golden Week holidays. A comfortable winding road.



Friday, April 22, 2016

TIDALへ一歩手前 - A Long Step toward TIDAL


Mac miniはドライブをSSDに替えて、HDDはセカンダリに移動した。音楽関連ファイルも今はこれらの中にまとめた。先日、演奏会の録音を頼まれた時もこれを持ち出してRMEと繋いで済ませた。至極ハンディでよろしい!
OSはMarverickのままだが、そろそろ最新のEl Capitanにアップデートしても良いかなと思っている。HDDの方はそのままクラシックブート用に残しておけばいい。実はSSDをもう1台、インテルの240GBを確保しているのだが、ここに来てiMacの動作が異常に重くなっているので、NASのテコ入れは先送りしてiMacのドライブ換装をするつもりだ。

さて、先日Amarraから半額セールのDMが来ていたので、$25くらいならMQA絡みで遊んでも良いかなとAmarra for Tidalというバージョンをポチった。先頃のプレス発表とは裏腹にMQA機能の組み込みはまだ実現されていないようだが、2chハイレゾ音源はこちらに集約して、Audirvanaの方は5.1音源に特化させても良いかなと思った。

若干方針が揺らいだのはこのTidal用AmarraというプレーヤーはTidal専用のようで、手元のソースを取り込む機能が見つからない。それでもTidalの1ヶ月お試し期間に期待してユーザー登録に進んだら、上の画面の通り「近日開始。Hi-Fiモードは現在英米その他の国で運用中です。メーリングリストにご登録いただければ、あなたの国でサービス開始の際ご連絡させていただきます。」みたいなことが書かれている。TidalはMQAも実験中なので、いずれ何とかそれをお試し期間にじっくりいじり回ししようと目論んだのだが、これだと当分このAmarraは休眠か・・・。

Wednesday, March 30, 2016

段葛の復活 - In Kamakura Revives Dankazura Promenade


鎌倉鶴岡八幡宮への参道、段葛は永らく工事中だったが、その改修が完了して、今日から歩けるようになるらしい。午後1時頃、歩き初めを待ちわびる人々が群がっていた。新しい桜の木も咲き始めているようだ。

Dankazura is the front approach to Tsurugaoka-Hachiman Shrine along the avenue in Kamakura which has been under renovation for some time, and it reopens today. Around one o'clock in the afternoon, the gateway area was jammed by people hoping to make an initial walk under cherry blossoms!




Monday, March 28, 2016

Da Vinci in Edo Tokyo Museum - 江戸東京博物館のダ・ヴィンチ


江戸東京博物館のダ・ヴィンチ展は実質上ダ・ヴィンチ・フォロワーの絵画展に「糸巻きの聖母」が来賓として加わったような美術展だった。昨秋京都で観たフェルメール+レンブラントも同様で、最近はこうした周辺作を集めた催しが多いのだろうか、確かにそれも勉強になるという意義もあろうが、観る側としてはやや拍子抜けの感は否めない。
ダ・ヴィンチの自筆作品としては他に若干の描画とノートの展示があって、個人的には「花の研究」に魅力を感じた。



The exhibition of da Vinci in Edo Tokyo Museum was virtually a show of "da Vinci followers" where the famous Madonna dell'aspo had its appearance as if the celebrity invitee. The same kind of impression I had was Vermeer+Rembrandt last autumn in Kyoto. The collection of surroundings would be worthwhile in terms of deeper knowledge, but it is at the same time a slight discouragement for those expecting to see master works. Among few others by Leonard himself in display, I thought the drawing of flowers was fascinating.


Monday, March 7, 2016

クイケンのマタイ - St. Matthew Passion by Kuijken


受難曲を聴いて幸せな気持ちになるというのは些か不適切と思われるかも知れないが、演奏者たちとこの物語を共有できたことの充足感とでも表現しておこう。クイケンと小編成のラ・プティット・バンドが3月5日に演奏会を行ったのは東京オペラシティの大ホールで、ほぼ満員だった。
元々僕はこのグループを別段贔屓にしていた訳ではなく、これまでも特に大きな刺激を受けた記憶もないのだが、クイケンが聴ける数少ない機会なので彼がマタイ受難曲をどのように構成するのか見ておこうと考えた。さらに付け加えれば、翌日他界したアーノンクールの方がずっと長く親しんで来た指揮者で、前回の来日を知らずに聴き逃したのがとても残念で悔いが残る想いだ。

彼らの演奏は淡々とでも言うのか、ドラマチックな表現方向でこの曲を描いていないのは大会場という条件もあったからかも知れないが、慣れ親しんだ音楽を堅実に進行していくのは、際立っているという印象ではない声楽陣も同じだ。それでも所々で「ああ、良い音楽してるな」と感じさせるところがあって、特に休憩後の第2部では第2合奏とアルトによるレチタティーヴォとアリア"Können Tränen"は出色だったし、ピラトと民衆のやり取りとそこに挿入されるコラールの対比("Erbarme dich"の前)にどうしても感極まるのはバッハの作品構成の妙に他ならない。僕自身、この作品を歌うことにこれまで躊躇があるのは、平常心でこれらのコラールを歌う自信が持てないからでもある。
演奏が終わってからの観客の拍手は暖かかった。この小さなグループに拍手を送っていると、次第に親近感がほのぼのと心臓の周りで増長していくのが不思議だ。折しもベルギー政府の文化支援が打ち切られ存続の危機にあると、指揮者サイン入り著書500部限定でカンパ集めも訴えていたが、小さな火も消さないで欲しいと願う。


It may sound inappropriate if I say I felt happy listening to the Passion, but I could at least express my satisfaction of sharing this very story with the musicians. La Petite Bande (small indeed) led by Kuijken had a concert at Tokyo Opera City main hall on March 5, which was almost full.
I have not been particular about this group, and do not recall much excited with their recordings so far, but am still interested in this rare occasion to confirm how Kuijken would interpret St. Matthew Passion. If I may add a few more words, Harnoncourt was a much more close conductor to me who passed away the next day, and I regret the opportunity I missed a couple of years ago when he visited Japan for the last.

La Petite Bande did not paint the story in a dramatic style, and it could be partly due to the excessively large space for baroque ensemble, but they appeared confident and steady in proceeding the music they were familiar with. I had the same impression in the singers who were not outstanding from whichever angle, and at the same I had to admit I was agreeing to their having good “music playing” in several passages, especially in the second act after intermission: The recitativo and aria “Können Tränen” by the second alto and the second ensemble was superb, and the choral insertion before “Embarme dich” was tearful which was exactly Bach programmed in his music. I have been a bit hesitant singing Matthew by myself, and it is because I have no confidence singing these chorals without becoming over-sentimental.

The audience ovation was warm and cheerful after the performance, and as I continue clapping hands I felt the intimacy to this group curiously kept expanding around my heart.

Thursday, February 25, 2016

創造と神秘のサグラダファミリア - Sagrada, the Movie


サグラダ・ファミリアのドキュメンタリー映画を観た。(恵比寿のガーデン・シネマで夜8時からの上映は今週で終了。)若きガウディがこの教会の設計を引き継ぐことになった経緯とか、フランコ独裁やその後の建設反対運動など、歴史的背景も知ることができるが、着々と完成に向けて進む教会内の様子は僕が10年ほど前に見たまだ色彩感のない光景とはすでに様変わりして、ステンドグラスが入ったことで一段と見事さを増している。

この映画はドイツ人チームの制作で、ナレーションもドイツ語だった。そのせいかどうかは分からないが、音楽はバッハのロ短調ミサ曲が使われていて、演奏にはジョルディ・サヴァールとコンセール・デ・ナシオンが登場する。録音はFontfroide修道院での音楽祭のDVDとは違うように感じた。ここにサヴァールが登場するのは当を得たりと思うのだが、モンセラートにインスピレーションを受けたであろうバルセロナの教会で何を歌うべきなのか、大いに考えるところはあると思う。ロ短調ミサ曲と聖家族教会との共通項をサヴァールは「完成」に向かって進む長い積み重ねの作業と語っていた。そして終えてもまだ終わらない模索が続く。

I saw the movie "SAGRADA el Misteri de la Creació" at Yebisu Garden Cinema (although the show will end this week). We can learn the historic aspects from this movie such as how young Gaudi got involved in the design of this cathedral, the destruction at the time of Franco regime, and the difficulty facing with oppositions to continuing the construction. I recognize the inside has made a significant progress since the time I visited there some 10 years ago. The finish with stained glasses lifts the impression so lively and magnificent.

The movie begins with the German narration, a bit of surprise to me, because this is a production of German team. Whether it is one of reasons or not, the music in this movie was only from Bach's B-minor mass performed by Jordi Saval and le Concert des Nations. It sounded to me a different take from the published DVD  recording at l'Abbaye de Fontfroide. I thought Saval was the ideal choice here, but which music to be put here would have required a lot of consideration. Saval talked in the movie about the common aspect between the B-minor mass and this cathedral: a long process of stacking up pieces for the completion, and it is not where it stops.



ガーデン・シネマはユナイテッドの映画館で、小振りながら座席の良さ、前の人が邪魔にならない菱形レイアウト、床の傾斜度など、気配りされた品質設計の映画館だ。

Garden Cinema is a smallish theater in the United chain with luxurious seats laid out to avoid front seats' intervention as well as the sufficient tilts; all designed for a quality viewing.

Saturday, February 20, 2016

MQAを聴く - Listening MQA Sound

Meridian Prime
英国MeridianのBob Stuartはここ2、3年毎年のように来日して、彼が辿り着いた最新のハイレゾ技術MQAについて啓蒙を続けているが、この技術が1月のCE Showでは大きな脚光を浴び、ネットコンテンツもTidalや2Lから出始めるという状況にまで発展してきた。僕も一度彼の技術プレゼンを聞いたことはあるが、やはり音を聴いてみたいものだと思うようになった。

幸いと言うか、我がリスニングルームのPCオーディオ環境が少し前進を始めたところだ。PCオーディオについては1年くらい前にここでもちょっとだけつまみ食い的に書いたまま、ずっと煮え切らないでいた音楽再生専用目的のMac mini導入にようやく資金メドが立って、late 2012モデルをヤフオクで先日ゲットした。Audirvanaでデコードしたマルチチャンネル音声は目論見通りHDMI経由で正常にAVアンプに送られている。Mac miniはシステム環境設定の「画面共有」を有効にしておけば、別のデスクトップ・マックから画面操作できるので、本体をAV機器のラック周囲に置いても支障はない。僕の場合は仕事机のiMacからの操作で動かしている。理想を言えばAmarraみたいにiPhone/iPadがリモコンになる形態だろうが、Audirvanaにはそこまで器用な機能提供はない。

HDMI上の8ch伝送は上限96kHzのようで、これがMac側の制約なのか受け手のAVアンプ側なのかはまだ調べていないが、それはさて置きMac miniからの音は総じてちょっとシャリシャリ感が強く、なめらか傾向ではないようだ。現状ではCambridge (Oppo)プレーヤーからの音の方がしっくりなのだが、どちらのケースもD/AはAVアンプ側なので、この違いがデコード段階のどこから来るのかは不明だ。昔仕事でコンテンツ再生の実験をしていた頃、iMac経由の音が非常に良かったので余り心配はしていなかったのだが、このままだとやはり適当なUSB-DACに繋いだ場合の音を確認しておく必要を感じる。タイムロードのKさんにお願いして、一度ChordのHugo TTでも拝借したいところだ(!)。それでも2Lサイトから試しにダウンロードしたMQA音源で、いわゆるMQAデコードしないCD相当の互換再生をしてみた際、Vivaldiのレチタティーヴォが意外に自然な奥行き感を出しているのを感じた。通常僕が5.1以上のサラウンド再生に固執するのは、こうした音源で明らかな空間描写の違いがあるからで、2chに切り替えた途端にすごく薄い平面的な左右軸の音場になってしまうからだ。MQA音源はそのまま聴いても音が良くなっているよと言われているので、そのあたりはもう少しじっくり確認してみたいと思っている。

そんな中で先日Meridian Primeを日帰りで持ち込んでもらって試聴する機会を得た。この製品はMQA対応のUSB-DAC兼ヘッドフォンアンプ製品で、市場価格は20数万円の小さな箱。現実にはちょっと手が出ない。まずは持ち込まれたノートPCにデモ音源があるので、USBでPrimeに渡し、RCA出力をこちらのAVアンプのアナログ入力で受けて聴くことにする。オリジナル音源とMQAファイルとの比較試聴だ。最初にNorah Jonesが鳴った瞬間、のっけからハッとさせられる音の良さだ。聴き慣れたCDとは次元が違うんじゃないかと感じる。しかしここではオリジナルとの比較なので次々と曲を聴いていく。192kHzの音源とCD程度のデータ量にたたみ込まれたMQAの音は聞き分けられないくらい近い。音の違いというのではなく、雰囲気に違いがあるのではないかと改めて聴き直すと、その差は判然としなくなる。スピーカー面から先の奥行き表現に長けているのかなというのが瞬間的な第一印象だった。ずっとそんな微妙な繰り返しでこれは合格だなと思う中、いかにもステレオ初期らしい録音のブルーベックのTake Fiveで、アルトサックスの音が唯一の例外だった。オリジナル音源の方が腰太に聞こえたのはむしろ「どうしてそうなるのだろう」と怪訝に思うくらいだった。

折角の機会なので、僕としてはやはりMac miniのAudirvanaからMQAを通して聴きたい。そこでマック用のドライバー(DAC-Uploader)をインストールする必要があった。ところがこのドライバーはOS-X10.9以上を要求してきた。自分のMac miniはそのままでは使えない。急遽、Yosemiteが入っている仕事机のiMacを使うことにする。しかしその為には3mくらいのピン-ピン・ケーブルが必要だ。これも手持ちのシールド線を使って急いで作りあげ、再生に漕ぎ着けた。ここでの試聴は2Lテストベンチのファイルでハイレゾ、CDグレード、MQAをあれこれ比較してみた。結論としてはデータ量が8倍程度のハイレゾ音源と拮抗する音質がMQAで聴ける訳だから、ダウンロード音楽のサプライヤーにとっても聴き手にとっても朗報ということだと思う。Primeからの音はやはりAudirvanaなのだが、なめらか方向に傾いてくれているという印象だった。こうなると$50出してAmarraの音ももう一度真剣に聴いてみるべきだろうか? Meridian製品にはPrimeの他にExplorer2という5万程度のデコーダもあるので、ハードとして狙い目のひとつはそちらになるだろう。


Meridian Explorer 2



Friday, February 19, 2016

薬師池公園と梅園 - Yakushi-Ike Park and Its Plum Garden

梅の季節だ。町田の薬師池公園には梅園があって、高台からの全景も目を楽しませてくれるので、時期を見て行ってみようと考えていた。見頃は2月下旬らしいのだが、今日は暖かく良い天気なので、そろそろ良いかもしれないなと自転車で走り出した。鎌倉から約40km=2時間、全体として走りやすいコースだった。町田の北側は道がやや細いが、そこまでは一本道をひたすら行く部分がほとんどで楽に走れた。肝心の梅は満開の木が数本はあったものの、やはり盛大に咲き誇るのはこれからのようだった。





It's now the season for plum ("Ume") trees! In Yakushi-Ike Park of Machida is a plum garden, and the view from the upper promenade should be wonderful. The best timing is said to be end February, but it was a warm, beautiful day today, and I decided to ride on my bike. It is about 2-hour/40 km tour from Kamakura. The route was quite comfortable in overall: The roads in the north of Machida tended a bit narrow, but otherwise it was mostly a simple road to follow in most part. I saw a few trees in full bloom, but if you want to enjoy a gorgeous view with splashes of blooms in the entire garden, you should patiently delay your visit by a week or so.

Monday, February 15, 2016

Bärenreiter Versions, B-minor Mass - ロ短調ベーレン新旧版楽譜

カミさんが自分用のロ短調ミサ曲楽譜が欲しいと言うので、出掛けたついでに本郷のアカデミアに立ち寄った。ベーレンライター版を手にして見ると、中身の印象がかなり違うことにすぐ気づく。家に帰って比べてみると僕のは1955年版なのだが、新版は2010年だ。一昨年これを歌った時、指揮者が「新版では楽器の表記がなくなった」などと言っていたが、確かにその通り。それ以上に、伴奏パートは音符までもかなり整理されていて、写真のSanctusを見れば明らかだが、例えばまずティンパニがない。和音の数も少ない。旧版が総譜を詰め込んだのに対して、新譜は伴奏用に特化して再編成したのだと思う。
My wife bought a Bärenreither edition of B-minor Mass vocal score for her own use, and I immediately noticed the difference in the content appearance: Mine is 1955 version while her's is 2010. I recall that the conductor mentioned the lack of the instrument indications in the new edition while we sang this music a couple of years ago, but the changes were more drastic. As you can see in the attached pictures, the timpani notes disappeared and there are fewer notes in the harmony in the 2010 copy. The older version simply packed all the orchestral parts, but the new version, I guess, focused on the arrangement for the keyboard accompaniment.


Bärenreiter 1955 Edition
Bärenreiter 2010 Edition


しかも新版には前書き解説が付いていた。読んでみると、この曲の歴史的経緯の説明があり、最新版の立ち位置が解説されていた。最後の章は楽譜を読む際の参考になるので、以下に和訳を書き出しておく。
* * *
ロ短調ミサ曲はどの版でも3つの大きな問題に直面する。初期版に対してどのように対応するのか、バッハの息子たちによる後世の加筆とオリジナルの自筆とをどのように区別するのか、そして自筆譜そのものの不安定な物理的状態ということだ。
とりわけ、キリエとグロリアのパートで成る1733年セットの初期バージョンには数多くの表記があり(オーケストレーションの指示など)、どの版にとっても無視することは難しい。他方、各表記部分はそれぞれ異なる版に属するものということでもある。こうした加筆に配慮しつつ、ふたつの版の分離性を守るために、この楽譜では1733年版からのすべての追加情報は灰色の印刷で提示した。このようにして自筆の音楽表記が明確に見分けできるようになっている。
さらに続く修正、仕上げ、さらにC.P.E.バッハが20年以上の歳月をかけて父の自筆スコアに加えた変更については、肉眼では判別不能なこともしばしばで、これまでは論議の種だった。これを解決すべく、2007年から2008年にかけて、自筆譜から多くのパッセージ(約500箇所に及ぶ)を選んでX線蛍光分析にかけた。オリジナルを傷つけることなくインキの成分分析が可能となる手法だ。ロ短調ミサ曲の場合、C.P.E.バッハの書き込みは父親のそれと区別できたと確信された。対照的に、C.P.E.バッハが関与する以前の楽譜状態の復元については、解決できなかったものもある。
ロ短調ミサ曲の自筆譜に加えられた父バッハや息子バッハによる多くの変更のせいもあって、この楽譜はバッハの自筆譜全体の中でも最も傷みの大きいもののひとつである。特にII部からIV部にかけての損傷が激しい。2002年の修復で手書きの状態は保全されたが、頁から離脱してすでに削られてしまった表記については永遠に失われたのだった。従って我々の今回の版で重要な情報源のひとつとなったのは1924年出版のファクシミリで、遙かに良好な手書きの状態を提示していた。欠損箇所は存在せず、あっても小さいものが多く、頁を通してほぼ判別が可能だった。こうしてすべての損傷パッセージを1924年ファクシミリ版と突き合わせ、適用可能なものはこの版に取り込んだ。1924年にすでに損傷していたパッセージについては、並行処理や最も初期の写譜師原稿に基づいて復元した。大きく修正が加えられたパッセージというのは、専らインキ退化の影響が酷いもので、今日損傷状態にあるパッセージは息子バッハが手を加えた部分である可能性が高い。現存する写譜師の原稿でC.P.E.バッハの最初の関与より遡る時期のものはないので、これらパッセージのオリジナルはどうであったかについてもいかなる確度の再構築も最早不可能である。それらはこの楽譜では括弧で括っている。
この版で我々が目指したのは、J.S.バッハの本来の意図にできる限り近づき、一方でそれが不可能な箇所や、他の版に基づく修復で可能となった箇所を明記することである。読者の方々には、更なる詳細は総譜版の前書きと重要報告の頁を参照されたい。

Monday, February 8, 2016

手白沢温泉 - Teshirozawa Hotsprings

スノーウォークがしたいと登山エキスパートの友人に話したら、日光の奥の温泉に行こうとプランを組んでくれた。2年前に膝を痛めて以来、山歩きは控えていたので初の復帰トレッキングということになる。東武日光線で鬼怒川温泉に朝10時に着き、バスで女夫渕温泉まで(1540円)入る。そこから先は車の乗り入れは禁止で、八丁ノ湯と加仁湯に宿泊する客には送迎サービスがある。それ以外は歩きで入山だ。往路は川沿いの遊歩道を歩いた。登坂はないに等しいが雪道なので加仁湯まで2時間強の道のり。ルートはすでにずっと足跡があるので迷うことはない。我々が目指す手白沢温泉は加仁湯のさらに先で、標高も1500m近くなるのでそこはほぼ一本調子の登り道だ。このエリアへの訪問は二人とも40数年ぶりだったので、すべて様変わりだった。

I told about my desire of a snow-walking to a friend of mine who is a mountaineering expert, and he made a plan to visit a hot spring deep beyond Nikko. I have refrained from climbing since I damaged my ligament a couple of years ago, therefore this was actually the first recovery trekking for me. We arrived at Kinugawa-Onsen station of Tobu-Nikko Line around 10:00 in the morning, and took a bus for Meotobuchi-Onsen. Further beyond, no cars are allowed except shuttle services for those staying at Haccho-no-yu or Kaniyu lodgings. Other visitors have to walk all the way, and we took the hiking road along the river. No real climbing but it will take about 2.5 hours to Kaniyu in the snow. It is least stressful as there are footsteps in the snow that you can simply follow. Our destination, Teshirozawa-Onsen, is further up with the altitude of almost 1500m to cost you some 40 minutes more of going up. Both of us once visited this area more than 40 years ago (individually), and everything looked totally different!


Approaching Kinugawa-Onsen
左に男体山の山並み
Kawamata Lake 川俣湖
Meotobuchi-Onsen Bus Terminal
女夫渕温泉のバス終点
Such a mean behavior stealing a portion of interest from the guide display!
案内板の欲しい所を破り取った許しがたい輩の仕業

Frozen Waterfall - 凍結滝

八丁ノ湯 Haccho-no-Yu
手白沢温泉 Teshirozawa-Onsen
Indoor Bath - 内湯
Outdoor Bath - 露天風呂
 手白沢温泉は19年前に改装したそうで、昔の山小屋風の面影はなく旅館に近い雰囲気だ。宿泊費はこの時期で14,500円となかなかの金額だ。到着早々、我々は風呂に浸かって冷えた身体を温めた。硫黄の臭いがうれしい内湯はかなり熱く感じられたが、翌朝入った時にはそれほどでもなかったので、こちらの調子次第なのかも知れない。風呂上がりにどっと疲れが出た感じで、夕食まで居眠り状態だった。全館暖房で、就寝時は部屋が暑くて汗をかいてしまい、結果あまり良く眠れなかった。夜中は敢えて16℃くらいまで温度を下げるか、部屋ごとに調節が出来るとありがたいと思う。
翌日9時過ぎに宿を出て、帰路は林道を行った。ここを通過する車はふたつの宿の送迎バスくらいなので、気ままな散策という感じで歩ける。しかしほとんどずっと下り道だったので、急峻ではないが往路にすると不可があるのかも知れない。
今回の旅で夏の計画をひとつ思い付いた。次は日光沢に泊まり、そこから鬼怒沼と湿原を歩き、八丁ノ湯の丸ログハウスにも宿泊したい。新宿から鬼怒川温泉に直通乗り入れ特急もあるので、女夫渕までは自転車で頑張るというアイディアも可能かも知れない。

Teshirozawa-Onsen lodging was renovated 19 years ago that now looks more like a standard "ryokan" than a classic mountain lodge. The fee was somewhat expensive 14,500 Yen per night incl. 2 meals. We immediately took bath after arrival as our body was chilly enough in the long walk. The water in the tub was quite hot but good with sulfur smell. Outdoor bath wasn't hot as the outside temperature was below zero. The entire lodging was air-conditioned and it was rather hot while sleeping as I was sweating. It should be lowered to 16 degrees or so, or it would be nice if controllable in each room.
We departed around 9 in the next morning, and took the wider traffic road ("Rindo" = forrest road). The actual vehicles were only the shuttles of two lodgings, therefore we enjoyed a relaxed walk. As it was basically a downhill all the way which indicated going up the opposite direction might build up your fatigue.
I had a good idea of next visit this time, which is to stay at Nikkozawa and have a whole day hiking to Kinu Marsh and Moor. I would also like to stay in the Haccho-no-Yu log house. Coupling it with a bike ride up to Meotobuchi may be possible and exciting, too.