Thursday, May 14, 2015

過激にフーガの技法 - The Art of Fugue, Radically

友人でもある沢口真生氏の録音による音楽制作は自主レーベルで専らUnamas Jazzとして発売されているのだが、Unamas Classicsとも言うべきクラシック作品録音の第2弾「フーガの技法」が近々リリースされる。
前回の「四季」のサラウンド・ミックスは従来のクラシック録音とは雰囲気が違って大いに刺激をもらった。今回も軽井沢の大賀ホールでの録音で、ハイレゾ9.1chミックスまで仕上げることになっているが、作業を先行した5chミックスを聴かせてもらった。「四季」より落ち着いた響きのように感じたが、同時にその中にある幽玄さがこの作品に似つかわしく思え、うまく市場導入できればセンセーショナルな作品となるんじゃないかと期待したくなった。


Recording engineer and a friend of mine, Mick Sawaguchi releases his productions mostly as "Unamas Jazz" under his own label, and here comes the second release of his classical recording, Bach's "the Art of Fugue". I should insist that he calls the series "Unamas Classics"!
"The debuting album "the Four Seasons" in surround mix had completely different sonority from usual classical recordings, which was such a stimulating experience for me. This time, he used Ohga Hall in Karuizawa again, and he challenges the maximum 9.1-channel mix in high-resolution digital. I had a chance to listen to the earlier 5-ch mixes, and thought this album might be sensational if properly presented.

Thursday, April 30, 2015

藤田記念庭園和館 - Fujita Memorial Garden, Hirosaki


弘前公園の近くに藤田記念庭園があり、軽い食事が出来る洋館が人気のようだが何人もの客がテーブルが空くのを待っていた。庭園や洋館より僕はむしろ日本家屋の和館の方に興味を持った。昭和12年に建てられた本宅が戦後ここに移築されたとのこと。内装は欄間や襖などどれを取ってもシンプルながら洗練された趣味の良さがあり、心地よい。
In the neighborhood of Hirosaki Park is Fujita Memorial Garden, and the western style building seems popular where visitors can have light meal, but there was a long queue of waiting. I was actually more interested in the Japanese house (originally built in 1937 and moved here in 60's) the interior of which was plain but highly refined and I very much admired the taste.










弘前公園、再挑戦 - Cherry Blossoms in Hirosaki

弘前に行くなら桜のシーズンですが、一昨年の旅行ではほとんどの木が蕾の状態だったので今年はリベンジです。当初は4月29日出発の計画を組んでいたのが、開花情報がどんどん前倒しになるので慌てて予定を組み直し、どうにか列車やホテルの予約を26日出発でまとめることが出来ました。

If you plan visiting Hirosaki, the definite choice is the season of cherry blossoms in spring. A couple of years ago when we were there, the timing was too early and we only saw the buds on most trees. This year, we originally planned to leave on April 29, but the season was more rapidly shifting than expected, and we had to reschedule our trip departing on April 26 after a slight struggle of rearranging our train and hotel reservations.



新青森に12時半到着、その足で弘前公園に直行。ほぼどこも満開でタイミングとしては合格、それでも恐らく見頃のピークからは2-3日遅かったのではないかと思います。気温も春と言うより夏に近い暑さになっていましたし、実際に我々が帰った28日にはもう花見は終わりだなと感じました。そんな時は岩木山麓の桜が弘前公園より1週間くらい遅めとローカルガイドにあったので、そちらに向かうよう計画変更でしょうか。

We arrived at Shin-Aomori Station around 12:30 where we transferred to a local train directly heading for Hirosaki. The trees were in full bloom mostly to our satisfaction, but I would comment more precisely the timing was a day or two later than the ultimate. The days were hot like in the summer, and the watching was practically ending on the day we returned. In such a case, the guide book indicates that the cherry trees in the foot of Mt. Iwaki generally bloom a week or later than Hirosaki Park, and you can still follow them.








この日は日曜日。当然花見客は多くてどこでも行列が出来ますが、それでも都心の花見スポットの混雑を考えれば、ここは天国のよう。ゆったりとしたスペースがあり、場所取りも気の向くままくらいの雰囲気に見えます。そして大きなゴミ置きスペースも作られていて、持ち帰りする必要がない昔ながらのスタイルが素晴らしい!
昨今は海外からの観光客が多くなって、中国語・韓国語・英語があちこちで聞かれます。僕らが記念にシャッターを押してもらったのも中国系のカップルでした。

On Sunday in the season, you inevitably face with lots of visitors in queues everywhere, but it looked to me still quite relaxing considering how packed and tense the places were in Tokyo. It is almost a heaven to find a space to sit down as you wish in the garden and not being forced to bring back the garbage with you because they provide large trash boxes (just like good old days)!
We saw many foreign travelers this time and often heard such languages as Chinese, English and Korean. The young couple we asked to take our pictures were actually Taiwanese or Chinese.







桜が散り始めるとその花弁でお堀の水面が白く変わっていくのが楽しめます。散るのが早いのは外堀ですね。

The floating petals turn the water surface to white, which is one of attractions. The blossoms fall sooner in the outer bank of the Park.






植物園(有料)には様々な種類の桜が植えられていて、これを観賞するのも弘前公園の楽しみのひとつです。ここまで入る花見客はぐっと少なくなります。そしてもうひとつ見逃せないのが岩木山側に降りて長いプロムナード、「桜のトンネル」です。ここを散歩するととても贅沢な気分になれます。

The botanical garden (extra admission to pay) in the Park has variety of cherry trees planted and it is nice to cruise around them in much quieter environment. There is a long promenade called “Sakura Tunnel” along the west bank in the side of Mt. Iwaki, and it was such a gorgeous  walk under the blossoms.







次回はベストタイミングに日帰りという手もありだなと思いました。地球温暖化で開花時期がゴールデンウィークからずれると、弘前の観光業としてはやや辛いんじゃないかと心配。
Next time one-day round trip would be possible at the best timing, we thought. The season drifting earlier from the Golden Week holidays may be a tough situation for those in the tourist business here.

Tuesday, March 31, 2015

長興山の枝垂れ桜 - Weeping Cherry Trees of Choukousan

都心の花見スポットはどこも人だらけなのに比べると、小田原近辺はのんびりしたものだ。僕は二宮の吾妻山公園がお気に入りで既にブログでも紹介しているが、今年は小田原往復の自転車練習のついでに足を伸ばして、長興山の枝垂れを見ることにした。電車なら箱根登山鉄道の入生田駅から少し歩く。幸い敷地に自転車置き場のスペースが確保されているが、スタンドなしのロードレーサーは少々厄介だ。2台くらいは立てかける所が見つかる。目指す桜はそこからしばらく歩いて山の上で、高度差100mくらいはあるので頑張りが必要。僕はヒルクライム嫌いなので、チャリで行く気は毛頭ない。それでも2h走行の後の登りは少々つらい。
太い幹の古木がひとつ、その隣にはもう少し幹の細い枝垂れが並んで立っている。もうひとつさらに高い斜面に一本あって、これら3本がすべて。しばし枝振りを愛でるという楽しみ方かな。花見客はカメラ爺が多かった。



When it comes to sakura watching, you need to deal with the flood of people in Tokyo, but it is more relaxing in Odawara neighborhood. My favorite place is Azumayama Park in Ninomiya that I already posted in this blog. This year, I wanted to visit Choukousan as an extension of my bike riding to Odawara. It is accessible from Iriuda Station of Hakone Tozan (mountaineering) Railway otherwise. 
Luckily, they had a small space for bike parking though it was not ideal for road racers without stand.
The cherry trees in question are further away in the mountain, and you had to gain some 100m altitude: The reward indeed demands your effort.
There is an old tree with a big trunk, and another smaller weeping tree stands next to it. The third one was further up in the slope. Only three trees but you would enjoy their extended branches with full blossoms for a while. 

Saturday, March 28, 2015

Swiss Design - スイスデザイン展


上野博物館のみちのく仏像展の後、オペラシティに回ってスイスデザイン展を見た。BALLY、TIMEX、VITRONIXなど、有名ブランドの商品と歴史を陳列したもので、総じて無菌的なスッキリデザインがスイスらしいと再確認できることは確かだ。スイスエアーやスイス鉄道は基本的にポスターの陳列。正直なところ、規模も大きくないし、商業展示の集まりみたいで、金を取って見せる美術展だろうかとの疑問がわく。最後にル・コルビュジエ関連の展示があるのが美術展としての救いなのか。写真撮影は禁止で、入口エリアの2作品のみOK、ルツェルン応用化学大学による型紙インスタレーションは光とモノトーンの美しい空間だった。


I went to Tokyo Opera City to see the Swissdesign Exhibition. It displayed the products and their history of leading Swiss brands such as Bally, Timex and Vitronix where you could confirm the clean-room-like modern design style that characterized "Swiss". Swissair and Swiss Rail basically showed their old posters. I somewhat doubted if this was appropriate as a paid exhibition considering its size and contents because it was more like a commercial display in a package, but the collection related to Le Corbusier in the end might allow it calling an art exhibition. No photos allowed except two displays in the entrance area, one of which was "Katagami Installation" by the Lucerne University of Application Science and Art, a beautiful space with light and mono tone.

Monday, March 23, 2015

本白根山 Snow Walk - Mt. Motoshirane


冬の白根山歩きは草津国際スキー場と隣接しているおかげで、山のエキスパートでなくても壮観な白銀のパノラマ風景を手軽に堪能できる貴重なコースだ。

まずは天狗山に行ってスノーシューをレンタルする。そこからシャトルバスでロープウェイ駅まで行き、ロープウェイに乗り継げは何事もなく標高2000mの山頂駅に至る。白根山は横手山方向の草津白根山と南に本白根山があり、どちらも2170m程度の山なので雪山登山と言っても獲得高度は200mにも満たないスノートレッキングということになる。

前回登った草津白根山は今回は立入禁止になっていて、代わりに本白根山はOKと言われた。風景はこちらの方が楽しめると思う。本白根山からは下方に万座も見えるし、静可山まで歩くルートもあるようで、調べればいろんな楽しみ方ができそうだ。

The ropeway

See a group of few people in the middle!

アクションカム動画はこちら。A short movie clip:
http://youtu.be/QtOdiC2fzQ8

Thanks to Kusatsu International Ski Resort, Mt. Shirane is a precious treasure to enjoy a snowy panoramic view in the winter for those who are not expert climber.

First thing you do is to go to Tenguyama in the bottom of the ski resort to rent a pair of snow shoes. Then you pick a free-of-charge shuttle bus to the ropeway station where you take a lift to hoist yourself effortlessly to the altitude of 2000m. Actually, there are two Mt. Shiranes here. One is Kusatsu-Shirane in the direction of Mt. Yokote, and the other is Moto-Shirane in the south. Both are about 2170m high, thus it will be gaining only less than 200m altitude when it comes to climbing. A least exacting snow trekking so to speak!

When I visited here a few years ago, we climbed Kusatsu-Shirane, but this time the entry was prohibited and instead Moto-Shirane was available. I tend to think the views are more gorgeous from Moto-Shirane, and there seem to be several routes to try from here for example down to Shizukayama, or Manza is visible fairly close. To go further, we will need to examine more details and risks to enjoy.


Thursday, February 12, 2015

びわ湖ホール声楽アンサンブルのヨハネ受難曲 - St. John Passion by Biwako Hall Vocal Ensemble


第一生命ホールに行くのは久しぶりで、前回は奇しくも「マタイ」だったなあと思い起こす。今回は演奏が東京ではなかなか聴けないびわ湖ホールのグループということで興味があった。席は売り切れ寸前という感じで、8列目の下手寄りはやや近すぎると思ったが他にあまり選択肢はなかった。実際には招待席と覚しき中央部の一列がずらりと空席になっていた。
合唱は各パート4名の総勢16名のみ。イギリスにはその名もザ・シックスティーンという合唱団があるが、さしずめこれはその日本版ということになる。それぞれがソリスト・レベルの実力をお持ちなのに、それを丸出ししない発声で合唱としての音色を揃えて歌うところがとても魅力的だった。唯一ソプラノがややソロっぽい発声かも知れないが、主旋律を引っ張っていくパートだし、声も綺麗なので違和感はなかった。ハーモニーが生み出される瞬間にハッとさせられることが何度もあって、それが全く力むことのない、抑制された歌い方というのには唯々羨ましい合唱だと感じた。福音史家の清水徹太郎はきっちりと仕事をして見事、印象に残ったことを書き留めておかねばなるまい。イエス役の青木貴は前日降って湧いた代役で、しかもこの役は数年前に一度歌って以来とあとで知ったが、まさにプロでした。
オケの方はコンマスとチェロを除けばあとはすべて女性で、「みんな若いなあ」とまず思った。冒頭の合奏で入りの16部音符の流れを聞いたところで、これはあまり良くないかもと先をやや不安視した。演奏自体は徐々に落ち着いて行ったのだが、経験豊富なバロックの演奏家をあちこちで聞いてきた耳には、この若手で構成された小アンサンブルはまだ指揮者の指示をこなすので手一杯なのかしらと思わせたりする歌いっぷりと感じた
ヨハネ受難曲はあまりアリアが多くないのだが、圧巻だったのはアルトの2曲目、キリストが処刑される場面の"Es ist vollbracht"で、こんなに感動してこの曲を聴かせてもらったのは初めてだった。


Lined-up performers at the foyer after the stage
It’s been quite a while since I last visited Triton Square concert hall, and I recall it was coincidentally Mathew Passion at that time. This time, the performance of Biwako Hall Ensemble seemed a rare opportunity in Tokyo and I was interested. The tickets were almost sold out, and I didn’t have much to choose our seats.
The chorus team consisted of 16 singers, 4 for each part. In the UK is the group called “The Sixteen”, and this looked like the Japanese equivalent. Each singer enjoys the ability of soloist while they managed to control their timbre as a fascinating choir without exposing their individual tones. Only sopranos might sound a bit soloish, but their voices were very beautiful and they anyway had to lead the main melody lines, so it was not objectionable at all. The harmony was often breathtaking, and to me it was such an envious chorus as everything was entirely under control by their stressless and smooth voices. I should remark that Tetsutaro Shimizu, the evangelist did an impressively nice job. Takashi Aoki, Jesus was appointed the day before as the replacement of supposed singer who got ill, and he had sung this role once a few years before. He was professional.
The orchestra was all feminin and young except the concert master and a cellist. As I heard the very first passage of 1/16 notes, I felt rather pessimistic compared to other experienced and capable baroque ensembles, but they gradually settled down. Perhaps they are still in the generation busy dealing with the conductor’s instructions.

The most touching among arias was “Es ist vollbracht” by alto in the scence of cruxification.

Saturday, February 7, 2015

政府はどこまで人質救出に動いたのか? - How Much Effort did Our Goverment Make?


新聞に記録されている首相の日誌で、事態が明るみに出た120日までの足跡を辿って、政府がどの程度人質事件に取り組んだのかを探ってみようと考えた。
12月は後藤夫人に身代金要求のメールがあったとされる3日以降、選挙戦に突入で連日選挙区回りに費やしており、外交関係が入り込む余地は全くと言って良いほどない。動きがあったとすれば選挙が終わった14日からとなる。

  9 国家安全保障会議
14 秘書官と朝食
16 犯罪対策(17)、斎木次官(25)
17 飯島参与(20)
18 アブドラ国王と電話
19 斎木次官、中東アフリカ局長他(40)
20/21日はOFF24日に国会招集
25 岸田、菅、斎木(49)
28-4日はGrand Hyattで年末年始休暇

つまりここで怪しいのは16から19日の流れだろう。16日には手短ながら犯罪対策閣僚会議がある。そして外遊の準備はすべて事務方が取り仕切るであろう中、わざわざアブドラ国王に電話している部分は何らかの打診なりお願いなりが出たところかも知れない。25日の4者打ち合わせは何が議題だったのか興味深いが、この時期になると中東訪問の大枠確認ということもある。

そして新年早々のパリ新聞社襲撃事件だ。1月の日誌からの抜粋を見よう。

  6 斎木次官、中東アフリカ局長他(24)
  9 外相、国家安全保障メンバー(60)
13 斎木次官、国家安全保障局長、内閣情報官、警察庁、公安調査庁(96)
14 NSC9大臣会合(7)、斎木次官+国際協力局長(34)

この時点での打ち合わせはほとんどがパリ事件を中心にテロ対策だったと推察される。例えば9日の打ち合わせで、2名の人質対策も議題になったかどうかだけでも解れば政府のスタンスは見える。
パリでの弔問デモ列席をサボってゴルフと揶揄された休養が10/11日。でもこれは外遊前の息抜きだから一概に非難はできない。しかしパリに行かない分、中東でアドバルーンを上げる魂胆が安倍にはあったということでもある。
どんなにやれることはやったと言っても、総理大臣の予定は多忙を極めるし、選挙も組閣もやる中で、実態として外務省に依存するのは当然だろう。従って指示を出したトップの行動を検証するのと並行して、外務省がどう動いていたのかも検証が必要ということになる。彼らもこの部分は「やばい」と感じているからこそ意地になってガードを堅め、省内は口塞ぎでフタされてしまっているかも知れないが、周辺の関係者・関係各国の取材を尽くせば、その全貌は露呈すると思う。

追補
3月5日のテレビ朝日報道ステーションでは時系列で政府筋の動きを追跡する試みが行われ、そこで明らかになったことが4点。1.外務省から12月24日、後藤夫人に「政府はテロリストとは交渉しないし、身代金も出さない」と返事を伝えた。2.年明け9日のNSCでは「人質」の話題はなかった。3.安倍首相が中東訪問で2億ドル支援をぶち上げたのは後藤夫人が身代金額交渉をしている最中だった。4.イスラム国の人質ビデオがアップされた後、現地対策本部をヨルダンに3分で決めた理由は「トルコに頼むと身代金で話が終わるから」だった。ここに垣間見えるのは他人事で処理する態度ではないだろうか。

報道ステーション画面から

Tracing the record of PM’s daily activities before January 20 on the newspaper, I was tempted to examine how much attempt our Government tried to deal with the hostage problem.

In December, our PM had been completely occupied with the election that he strongly forced, which was after Mrs. Kenji Goto Jogo received an e-mail demanding the ransom on the 3rd, and it appeared no foreign matters could be squeezed in. It may be most likely on the 14th and afterward when the election ended.


  9th NSC
14th breakfast with secretary
16th Crime Measure Ministry (17 mins.), Foreign Affairs Admin Vice-minister Saiki (25 mins.)
17th Advisor Iijima (20 mins.)
18th Phone conversation with King Abdullah II
19th Saiki and Middle East/Africa Section Chief (40 mins.)
Days off on 20th and 21st, the Diet started on 24th.
25th Kishida, Suga, Saiki (49 mins.)
New Year vacation from 28th thru 4th at Grand Hyatt.

The smoky area would be 16th to 19th here. Crime measure and foreign affairs one after another. Overseas visit details are all arranged by the staff side, and if PM wanted to speak with King Abdullah II in person, he must have had something special to discuss or to ask.

And then came the attack of Charlie Ebdou in the New Year. 

  6th Saiki and Middle-East/Africa Section Chief (24 mins.)
  9th FA minister and NSC members (60 mins.)
13th Saiki, NSC Chief, Intelligence Officer, Police Dept., Public Security (96 mins.)
14th 9 ministers of NSC (7 mins.), Saiki and International Collaboration Chief (34 mins.)

I assume the major subject in this period was the measures against terrorism in relation with the attack in Paris. If only we manage to find out if the issue of 2 hostages* was a part of the discussion in 9th meeting, it can indicate the actual stance of the Government toward the problem. [*Channel 5 news later revealed not a word of "hostage" was spoken in NSC meeting.]
The ridiculed golf play relaxation instead of taking part in the demonstration marching in Paris was 10th, but it was not so blamable considering a short break before the foreign visits. On the other hand, in Abe’s mind, compensating his absence, he had to blow up a strong and more visible balloon in his journey.
Despite his speech that stressed he did everything he could, PM’s itinerary is always full, and he added the elections and the cabinet by himself, therefore the time was in pieces and he actually and logically depended on the FA ministry. The topics of 4 men meeting on 25th are interesting, but they could be merely the framework of the forth-coming Middle-East visit.
The Government is surely aware that this is the most touchy spot, and they are now busy sealing all the mouths. If the media continues to collect the related information from outside the Government, the fact will reveal by itself.

Monday, February 2, 2015

戦わない人々の声を聴け - Hear the Voices of Those without Arms


My sincere condolences.
R.I.P., Kenji.

https://rorypecktrust.org/rpt-live/February-2015/message-from-rinko

Thursday, January 15, 2015

The Nazis and Abe’s Cabinet – 政治の将来を憂う


正月早々、BSで「ヒトラー権力掌握への道」というドキュメンタリーを観ていた。そこにあぶり出される反知性主義と尊大さ、そしてナルシズムという独裁者の特長がこの国の安倍政権特有の個性に見事に重なり合って見えてしまう。折しも国民の政治的無関心がそうした勢力に台頭の隙を与え、気がつけば一党独裁の権力によるメディア統制や反対勢力の封殺、大学では徹底した焚書まで突き進んで行く。
今週になって、「通販生活」の春号でそんな同じ思いを代弁するような半藤一利の記事を見つけた。


© 通販生活

そもそも政治が国民の思いと遊離している原因は偏に選挙制度にあると僕は考えていたし、その改革を国会議員に委ねて実現するはずもないので、昨年末の衆議院選挙に期待もしなかった。願いはただひとつ、安倍の思い上がりを助長しないで欲しいだけ。ただ結果とは別に、その制度が違っていたら趨勢がどう動くはずたったのか自分なりに検証しておきたいと考えていたので、選挙後に早速得票数の詳細をエクセル上に集めてあれこれ計算を始めた。政治を変える土台作りだと思って。

財政健全化の観点からも議員の数を半分にすれば無駄遣いも半減できる。それは「身を切る覚悟」などではなく、人口が2倍の米国でも下院435名という数を見れば、単に世界の中でも身の程の規模だと思う。人口もこれからどんどん減少するわけだし。そこで目標議席数を200として比例区なしの中選挙区にまとめるケーススタディを考えることにした。

まず各都道府県の登録者数は今回の選挙のために更新された12月のデータをひとつひとつネットで集めた。但しいくつかの県では9月データ(*)までしかアップされていなかったのと、在外有権者数について明記されていない県もあった。それでも1年前のデータをまとめた総務省サイトの数字よりは現状に近いと思う。
ここでは有権者数が約1400万と知ってちょっと驚く。20歳未満の人数がいかに少ないかと言うことだ。でも20/40/60/upと世代を区切ってみれば、子供の数は多くても3割くらいとの理解もできる。あと、登録者数は大都市を除くとほとんどすべての県で数千人単位での減少傾向が明らかで、人口減少が進んでいた。

次に小選挙区の定員数が実態とどの程度ずれているか検証。1+αを定員数295で割ると約35.3万人に議員1名となり、ノーマライズした数字と対比すると首都圏など大都会が割を食っている状況が見える。こんなのは定員数固定じゃなくて、算出方法をフローとして選挙法に組み入れれば毎回調整OKなのにと思う。どこまでも合理的でない。


中選挙区ということについて、国会議員を都道府県別に選出はもともと少々ナンセンスと僕は思っている。地元利益の話は地方自治に委ねて、国政は基本的に大所・高所を見る人材で構成して欲しい。とは言え対極にある全国区型選挙にも長短はあり、今回の投票にも地域の温度差は出ているわけで、それを完全にゼロにしなければとまでは思わない。そこは合理的なベストバランスを探る必要があるだろう。具体的な都道府県のグループ化は間違いなく濃厚に政治が絡んで来そうな部分だと思うが、ここではシンプル且つ感覚的に数字バランスで隣接県を束ねて選挙区割と定数を想定してみた。大規模になる選挙区には1520人区なんてところもあるが、定数何人程度までが選挙民にハンドルしやすいのかとか、定数が多い場合も1名記入なのかとか、特有の問題も考えなければならない要素だろう。

作業を始めて見て、今回の選挙結果から新しい区割りの中での当選者を合理的に推測して、その勢力分布を割り出すというのは無理があるというのを早々と謙虚に理解した。それでも大まかに見えてくることはあるし、この設定下での何らかの結果まで到達することが目的なので、当然最終当選予想も出してみた。その手法は至って乱暴で、これはシミュレーションとは言えず、ひとつの見立てだ。何か高度なシミュレーション・プログラムでも駆使すればもっと信頼できる仮説が提言できるのかも知れない。



結果の妥当性に確たる裏付けはないが、当選者を選別するのに怪しげなプロセスを用いたわけでもない。まずは年末の小選挙区でトップ当選を果たした野党候補についてはそのまま(ほぼ)当選者としてスライドさせるようにした。一方、与党候補については必ずしもそうしていない。理由のひとつは圧勝自民党当選者数が新定員数をオーバーするケースが多々あることによる。当選者選別で重視する要素は各党の得票数なのだが、それを積み上げただけでは実態は見えない。野党候補が立っていない小選挙区が多いからだ。候補者一人当たりの平均集票力で見ると、自民と民主は議席数ほどの大きな差はない。さらに公明も僅かな差で追う。結果の積み上げだけなら共産も無視できない票数を獲得したし、実際に勢力も大きく伸ばしたが、平均集票力では見劣りしている。そうした背景をバランスしながら各選挙区での当選者を振り分けた。従って与党に対しては過小評価に偏っているかも知れないし、それは野党(特に民主)がどのように候補者を絞り込むか次第ということになるだろう。
さて、各地域ごとの概要説明は長くなるので後日別途紹介することにして、ここまでの見立てでは与党が過半数を確保したことがまず結果の第一点。勢力分布は自民110、公明6、民主45、共産19、維新11となった。比例全国区一本なら与党は過半数割れとシミュレーションした例がインターネットにはあったが、そこまでの大きな逆転はない。結果でふたつ目に注目したいのは中選挙区にしても弱小野党の議席確保には繋がらないということだ。これは第三極なども含め、野党が分裂細分化してきたことにも一因があると思う。それではここからどうすれば世の中を良い方向に導けるのか、考えることは多いと思う。

Tuesday, December 23, 2014

CXホイール - Fulcrum Racing 5CX

以前書いたようにOrbea Onixを少しクロス寄りにスタイルを変えてみるためのパーツが集まった。その中心がフルクラムの5CXホイールだ。これはシマノ・フリー用が英国のショップではどこも欠品で、国内のSanaから仕入れた。LGの表記も加わった2014年モデルの最新版で、1600g台の重量(公称1690g)に期待していたのだが、実測では50gオーバーだった。簡単に考えていた作業だが、これは結構難航した。



用意した2種類の28c幅タイヤから軽い方のGatorskinをまずフロントに履かせた。次に遙かに分厚いContact IIをリアにセットしてフレームに組んでみると、幅はOKなのだが直径が大きすぎてフレームに接触する。5気圧なら1点軽くこする程度だが、6気圧では完全にアウト。28cタイヤはロードレーサーフレームに合わないものがあると読んでいたので、それを実地検証するハメになった。仕方ないのでGatorskinをリアに移したが、これがリム高の差からなのかはめ込むのがなかなか大変、どうにか収めたものの空気が抜ける。どうもタイヤレバーで中のパナレーサーチューブをつついたらしく、もう一度バラしてパンク修理からやり直し何とか事なきを得る。このGatorskinですらフレームとのクリアランスはギリギリだった。そんなわけでフロントのタイヤは買い直しだが、ツアー仕様の25c選択肢コンチネンタルGrand Prix TourとパナレーサーのRace D Evo2から前者を選ぼうと思う。

取り敢えず今日のところはフロントにはいつものパナレーサー23cを履かせてテスト走行してみる。まずはフルクラムのホイールだが凄く静かだ。逆回転時のラチェット音が聞こえない。そしてリアがGatorskinに変わっただけで足回りがかなりマイルドなものに変わった。雰囲気としては地に足が付いている感じの安定感とでも言うのだろうか、何となく長旅ツアーには相性が良さそうに思える。



A few months ago, I wrote about modifying my Onix road racer bike with slightly more CX flavor, and I have gathered the components the center of which are Fulcrum Racing 5CX wheels. Its version for Shimno cassette was unavailable in any net shops in Britain, and I ended up ordering them from Sana in Japan. The latest 2014 version carried the CX/LG mark on the rims. The setting was expected to be easy but it wasn’t actually.

I got 2 different kinds of 28c tires, and I first put the lighter Gatorskin in front. That was straightforward. Next, much heavier Contact II was installed in the rear wheel, but I found it touched the frame. I recalled that I had read about the possible size problem with 28c tires (and even 26c) in fitting with road racers. So the alternative is replacing Gatorskin from front to rear, but this time it was tough. The tire was very tight. It may be because of the difference of rim heights. I put everything in place, but the air didn't pump in. It looked like I touched the tube with the tire levers in the process. I had to start again from the scratch beginning with the repair of flat tube. In seeing Gatorskin in the rear, I recognized that it was eventually the wearable maximum for my Onix. An alternative 25c tire either Continental Grand Prix tour or Panaracer race D Evo2 needs to be ordered.

I then went out for a brief test run wearing the usual 23c Panaracer tire in front. The very first thing I noted with Fulcrum was its quietness. I did not hear the ratchet noise. The footwork got very mild by the mere change to Gatorskin tire. It feels reliably stable and therefore proably good in long tour rides.


Thursday, December 18, 2014

ハイレゾPCオーディオへ - Into High-Res PC Audio


PCオーディオという括りの中でハイレゾの存在感が高まっているので、そろそろ我が家でも腰を入れて環境整備を始めてみようかと考えた。これまではパイオニアのBDP-150という安物ブルーレイ・プレーヤーのフロントUSBスロットにメモリーカードを差し込んでファイル再生を試していただけだ。ここしばらく友人の同じ悩みにあれこれ付き合って検討の結果、彼はOPPOBDP-105を購入することに決めたが、こちらはそこまでの投資は難しいので息子のRME Fireface UCを巻き上げて、この年末で本格実験路線を走ることにした。
一般のPCオーディオはUSB-DACという製品を購入してPCUSBでつなぎ、オーディオシステムで再生するのだが、僕の場合はステレオ限定ではなくサラウンド音源も扱いたいので、選択肢がかなり限定される。一番シンプルな解法はHDMI出力がマルチチャンネル音声対応となった最新Mac miniAVアンプを直結することかなと想像しているが、我が家のiMacでは古くてその機能はないし、他のPCも、そしてオーディオ機器もHDMIは今もって未整備なので、結局ハードならOPPOプレーヤーしかないし、あとはソフトデコーダー・アプリ依存となる。

さて今回はまずケーブル。RMEの出力はバランスPhoneなのでPhone/RCA4本作る。早速オヤイデのサイトを覗いて、FurutechのプラグとAcross 750V2ケーブル3mを発注。ここまで凝る必要はないかと思いつつ、まあハイレゾだからと自己暗示するが、これで小1万の出費だ。ところがFurutechのプラグはボディが太すぎてRMEのユニットにはやや不適合だった。そのせいかどうかチャンネルアサインに不審な挙動などあり、他のケーブルを混ぜ込みでとにかく先に進む。RMEユニットはオーディオ・ラックの中に収めるので、PCとは5mUSBケーブルでつなぐ。これは安物で済ませた。

デコーダー・アプリはただではないが、どれもお試しダウンロードできるので、まずDSD128対応で音が良いと聞いていたHQPlayerを使ってみる。このソフトの場合ソースの再生30分というお試し制限になっているようだ。5.1PCMは問題なく処理したが、DSDマルチになると音がブツブツで連続再生しない。その可能性は聞いていたものの我がiMac2009では無理なのかも。それにこのUI$200も取る商品とは思えないくらい粗末で気持ちも遠のく。


そこで次にAmarra 3.0に挑戦。このソフトはかなりポピュラーなはずなのだが、如何せんDFFファイルを読んでくれないのでその場で却下した。


気持ちが滅入る中、最後にAudirvana Plus 2.0。お試しは約2週間、大晦日までと告知される。UIはややマシな部類。DSD128マルチのファイルもすんなり読み込んでスイスイ再生する。拍子抜けするくらいだ。パソコンで他の作業をするとノイズが乗ったり、処理が一瞬遅れたりするが、ほぼ連続再生できている。


さて音質比較だが、2Lのテストベンチ・サイトで各種フォーマットの音源を取り込み、手元にあるディスクとも比較再生してみた。以下はTrondheim SolisteneDivertimentiでの試聴。因みに比較に使用したプレーヤーはCambridge AudioのAzur 650。
DSD128の音がかなりスリムで低音が迫ってこないし、弦合奏の音もしゃくれてキツイ。SACDディスクも同じ傾向はあるが、もう少し質が高い印象だ。ところがBD版は別物というくらい楽器のリアリティ、音域バランスとも秀逸で、それはこの音源が元々DXD384での収録なのでDSD変換では劣化があるのかも知れないのと、あとはPC再生がハード再生のレベルに来ていないということなのだろう。DXDソースもダウンロードしてみたが、こちらはBDには及ばないもののかなりまともな音質に感じられた(但し192kで処理)。それにしてもAudirvanaはDXDまで再生してくれるんだ!あと、PCからの音はディスクより数dB低いという違いがあった。