Monday, March 26, 2018

善福寺川緑地の桜 - River Zenpukuji Ryokuchi for Cherry Blossoms


穴場と言って良いかもしれない。人混みにもまれることなく見事な桜を眺め、そしてのんびりと座って弁当を広げることができる。地下鉄の南阿佐ヶ谷駅から歩いて10数分。

This spot is not known widely, so a relaxed sakura-watching is possible without struggling against the stream of packed people and you can easily find a space for opening your lunch-box. It's some 15 minutes' walk from Minami-Asagaya subway station.




手弁当がなくても緑地の近くにSONKAというちょっとニッチなフランスパンの店がある。それはmange-oùで紹介しよう。

Alternatively, without carrying your lunch-box, kind-of-niche boulangerie SONKA is nearby which I will introduce in my Mange-Où blog page.



今日歩いたのは南阿佐ヶ谷駅から井の頭線の永福町駅まで、全行程約5km。途中、緑地のさらに下流には和田堀公園があり、枝振りの良い巨大な桜が2本あったが、それ以外は特に見るべき風景には遭遇しなかった。

I walked all the way from Minami-Asagaya to Eifukucho station of Inokashira Line the distance of which was about 5 km. Wadahori Park was on its way where I could see a couple of huge cherry trees but otherwise nothing spectacular there.

Friday, March 23, 2018

NZはクイーンズタウンで登山 - Ben Lomond Summit

さて翌日の丸1日をどう過ごそうかと宿に戻って悩み始めた。街に出ても酒でもすすりながらぼんやり海を眺めて過ごすくらいだし、かと言ってミルフォードサウンドに飛行観光なんて贅沢もちょっと今回は控えたいし、ハイキングくらいどこかないだろうかとネット検索していると、意外なほどアクセスの便が良い山が見つかった。Ben Lomond Summitと言って、標高1736m(高低差1000m弱)で全行程5-7時間とあるが、ゴンドラに乗れば時間節約もできそう。

と言うことで翌日は8時くらいのバスに乗り、まず街のスーパーで昼食のサンドウィッチを仕入れ、9時スタートのゴンドラ基地に向かった。乗車券は$35。冬場はスキー場になるエリアで、今も上にはリュージュ遊びができるコースもパッケージしたチケットがある。下から登り始める人もチラホラいたが、概してあさイチにハイカーはまばら。ゴンドラに乗り合わせた女性とちょっと話したが、頂上までではなくSaddle(馬の背)をめざす予定とのこと。あと、南島ならワナカがお薦めと言っていた。


Today's lunch
Skyline Base

見事な景色を眺めながらのこの山歩きは素晴らしく、道も登山者とMTBコースとを良く整備されていて快適と言う他ない。僕はゴンドラを降りて9時10分過ぎには歩き始めたが、ゆっくり歩を進めても2時間ほどで馬の背あたりに至り、山頂へはさらに1時間なので昼前には登りは完了となる。Ben Lomondは最後になるほど傾斜がきつくなるが、全体のスケールが小振りなので高負荷と言うほどではないだろう。実際、女子高生くらいの軽装グループと何度もすれ違った。午後になると登山客の数は増えるようだ。今回も下りは負荷と疲労から僕はいつも通り右膝がうずき始め、そのためさらにスローダウンを余儀なくされた。トレッキング・ポールがあればもっと楽だったと思う。
https://www.hikingproject.com/trail/7000012/ben-lomond-track

from the Skyline terrace




Mountains in the other side
The view

The summit
Popular MTB

Skyline Gondola carries MTB's

旅の続き - Queenstown

Flight to Queenstown
ブドウの収穫作業を終え、3月17日ウェリントンからクイーンズタウンに飛んだ。機内から眺める山々も魅力充分、しかし今回は2泊するだけなので中1日で何をするか、取り敢えず街の様子を見る以外には何の計画も立てていない。宿は空港に近いフランクトンのThe Embassy B&B。街中に入るより料金が少しリーズナブルだったのと、歩いても30分くらいで行けそうと考えたのだが、事前にメールで尋ねると荷物を持っての登り坂になるからタクシーにした方が良いよとの返事が来た。高台なので景色は良く、居心地もなかなかだったが、朝の移動が早い僕の場合8時くらいからの朝食は無意味化するのがデメリットだった。


View from B&B terrace
さて、まずはクイーンズタウンの街に出てみることだが、バス代が$5くらいかかるところGo Cardというプリペイドカードを使えば$2で済むそうで、B&Bで1枚貸してもらった。周囲のヤマト湾の風景がどこからも惚れ惚れとなるクイーンズタウンは徹底的に観光地という趣で、陽射しの暑過ぎず包み込まれるような優しさに誰もがバーの外であるいは公園の芝生の上などに座ってまったりと時の過ぎるのを楽しんでいる。左手に半島が突き出した形になっているところが公園らしいので一巡りしてみる。市民の憩いの散歩道ですね。











これで1日目の午後は終わり。

NZ旅行 to Martinborough


ブルゴーニュにも負けない世界トップクラスのピノ・ノワール・ワインを作るぞと楠田さんがニュージーランドに入植して既に10数年経つが、毎年3月から4月の収穫期には日本から多くの助っ人達が手伝いに向かう。通常ならブドウ農家は季節労働者を雇うなどしてこの時間勝負の農繁期をこなすが、手作業で選果しながら刈り入れという丁寧であり非効率的な行程をクスダ仲間の日本人達が担う。周囲からは異端視されても、クスダがめざす純度の高いワインには疎かにできない作業だ。
僕はクスダ・ワインが日本に入ってきてすぐに楠田さんと知り合えて、それ以来一度はこの収穫に参加したいと思い続けながら実現することなく、ようやく今年意を決してニュージーランドに行くことにした。海外旅行自体が3年ぶりだ。
助っ人の多くはワインビジネスに関わる人達だ。一方の僕は全くの門外漢。しかも予定を組んでも、収穫開始のタイミングは天気次第で前後に流動するので、無駄骨とは言わないまでも理想的な作業日程に乗るかどうかは不確定なので、僕も出発直前までヤキモキさせられていた。
現地には3月12日に入ったが、多くの人たちは春休みが取りやすい下旬から4月上旬に集まりやすく、第1陣となった我々は3名、幸いなことに他の2名は8回、9回と来続けている超経験豊富な女性だったので、僕は彼女たちに頼り切って見よう見まねの手伝い作業を始め、夜は彼女たちとワインを囲んで夕食しながら様々な話題の会話を楽しめた。




NZワインの認知は年々高まってきたし、今は世界の資本家(億万長者とか)が投資先を探し生産に乗り出して、経済環境は活発なようだ。ワインに限らずここ数年でウェリントンなどの都市は海外からの流入人口と不動産投資で住宅物件の価格が高騰し普通のニュージーランダー達が住む家に困るという状況だそうだ。弱小生産者がそんな中でうまく立ち回るというのは大変だと思う。18ヶ月後に僕が曲がりなりにでも関わった葡萄が2018 Pinot Noirボトルとなって市場に出た時はきっとなんとも言い難い感慨を覚えることだろう。

マーティンボローでは美しい夕焼けも見たし、満天の星空でも知られる町だそうだ。



Thursday, November 23, 2017

iPhoneでヘルスケア - Health Care Monitoring with iPhone

iPhoneの設定の中に「緊急SOS」という項目があって、スリープボタンを5回早押しすると家族など設定した相手の電話に位置情報とともに通知が行くという。その機能を調べていたら、これが自分の体調管理と関連していて、iWatchでなくても、Garminなどのワークアウト機器や体重・体組成計、さらに血圧計などとBluetoothで接続して様々なデータを蓄積・管理できる。



だからと言って体組成計や血圧計を最新機種に買い替えるというのは荷が重い。それぞれ1万5千円くらいの出費が必要だ。それにこうした計測器は自分が測定をしようと意識して行動した時のデータが蓄積されるだけで、四六時中自分の意図に関係なくデータ測定される訳ではない。そんなことを考えていた折りにAmazonで血圧が測れるスマートウォッチがタイムセールされていて、3000円でお釣りが来るというので思わずポチった。


値段からしてたいしたシロモノでもなかろうと高をくくっていたが、これが意外に面白そうなのだ。就寝中の睡眠パターンが確認でき、血圧も1時間おきに測定する。心拍数については常時モニターだ。これらは専用アプリのH Bandで見ることができる。血圧はどういう仕組みで測定されるのか判らないが、僕の場合は最高値が正常値に近い値に少し低く出る。まあ数値の信頼性はさて置き、値の変動が起きるかどうかの観測には使えるのかなと思う。それと血圧を測る時の手間のなさは画期的だ。


さて、このデータをiPhone側のヘルスケア情報として引き渡せるかどうかだが、僕の場合はH Bandの他自転車に使っているStravaがソースとしてiPhoneで認識され、ワークアウト系の歩数、距離、消費エネルギーに加えて睡眠時間も取り込まれた。血圧と心拍数データについては残念ながらリンクされないようだ。最終的にはこの血圧や心拍数のデータに異常値が検知されると緊急SOS発信もされるという仕掛けがiPhoneに仕込まれていないだろうかという点が関心事だったのだが、どうやらそこまでは進んでいないようなので吸い上げされないことで落胆する必要もないということになる。血圧値をマニュアルで入力すれば、iPhoneのヘルスケア・ページの1画面はこんな感じ。取り敢えずは緊急ボタン付き健康管理アプリというスタンスですね


Monday, September 18, 2017

カトリック逗子教会にて - Zushi Catholic Church


清水梢さんの出番があると聞いた演奏会。カトリック逗子教会に始めて行った。閑静な住宅街の奥にあるので、見つけるのにちょっと迷う。周囲の環境のおかげでとても静かだ。礼拝堂は200名規模。演目はバッハの「イエスは我が喜び」BWV227 、メンデルスゾーン、モーツアルトのミサ曲K.317で、無料!
清水さんのメンデスゾーンとアニュス・デイが良い感じだった。


There was a concert featuring Ms. Kozue Shimizu, soprano at the Catholic Church in Zushi in the afternoon, so made a short ride on my bike. It was off to the middle of residential area and slightly difficult to find. But the environment was very quiet which was a bonus. The program was Bach (bwv227), Mendelssohn and Mozart (k317) for free! Ms. Shimizu's Mendelssohn and Mozart Agnus Dei were very much worth listening.

Tuesday, June 13, 2017

加計プロジェクト - Scandalous Kake Project

「首相の意向」などと圧力を臭わせるメールは文科省内で確認できないと言い張って国民を愚弄し続けてきた内閣の姿が6月8日の菅官房長官記者会見で露わになった。都議選もあるし、支持率も気懸かりなのだろう、ガス抜きを図ったのかこの後で内閣は突然一転して文書の所在を文科省で追加調査すると発表。安倍首相が徹底した調査をとの指示があったと松野文科大臣がわざわざ補足説明したのには思わず笑ってしまった。
https://www.youtube.com/watch?v=Y1M1w44KQFE
そして6月12日には官房長官・東京新聞対決の第二幕があったが、菅は加計問題には取り合わないという態度に終止した。徹底した調査が首相の意向と言うのなら、内閣府はもちろん安倍本人を調査してこそ徹底したと言えるのだが。身内の言質はすべて事実と言い、裏ではもみ消しに奔走しているとしか思えない態度だ。現実に望月記者はここで文書が省内で確認されたとの現場報告を上層部が握りつぶした経緯を披瀝している。
https://www.youtube.com/watch?v=0luslXP3HGA

ここ2日ほどテレ朝のモーニングバードでは今治市の厖大な文書資料7840頁などの情報収集を基に、「加計ありき」で進められた一連の動きを「加計プロジェクト」と呼んで、その裏付け固めに努めているのが面白い。2016年1月の段階ですでに18年4月開学という内閣府からの丁寧な含みを得て、具体計画への落とし込みを進めていたのは明らか。加計の地盤調査も10月31日申請提出すると同日今治市が承認し、しかも同日作業開始という、あり得ない出来レースぶりだ。
http://www.dailymotion.com/video/x5q81sb



Tuesday, June 6, 2017

Milletのトレッキング・シューズ - High Route GTX


3年前のスペイン巡礼路歩きの際に買ったSalomonの靴がかなりくたびれてきたので、そろそろ替え時と物色し始めたのだが、あの頃のような手頃価格の後継品が見つからず、結局見た目の好みでミレーのモデルをtrekkin.comから輸入した。送料別で15,000円弱。
分類としてはミッドカットだが、サロモンよりやや深めでハイに近い。しっかりしたトレッキング仕様なので重さは570gx2、サロモンの384gx2より重いがそれほど重量を感じない範囲。因みに最近友人からお下がりで貰った総革のザンバランは830gx2でこれは流石に重い。
今回が初めてのミレーは全体に思ったより細身なので不安に感じたが、履いてみると圧迫する箇所は特にない。甲高のカーブへの当たりも問題ない。幅方向にそれほど遊びがないので、まずはウォーキング目的でしばらく慣らし運転しようと思う。折角のVibramソールがそれではもったいないけど。アッパー素材はヌバックとなっているのでゴアテックス膜がどこに使われているのか判らないが、履き心地は柔らかめで柔軟だ。耐久性と本格的山歩きでの適性はこれから先の検証課題。
参考までに比較写真:同サイズのサロモンより若干長い。そして同じ細身系のScarpaと比べると、Scarpaは爪先への絞りが鋭角的なのがよく判る。これが小指の圧迫で閉口した部分だから、それよりはフィットしそう。


Short Salomon vs Slim Millet

Scarpa is more angular

3-year old Salomon shoes that I bought for the Pilgrim walk to the Compostella now look exhausted, and I decided to buy a new pair. Unfortunately, I could not find any successor models in Salmon that were equally affordable, and I ended up ordering Millet High Route GTX model from trekkin.com mainly because of its appearance.
This Millet belongs to the mid-cut category but slightly deeper than Salomon as it is for more serious trekking, weighing 570g x2 compared to Salomon's 380g x2. Actually, I did not feel them so heavy. Its shape was rather slim (more so than expected), but it fit me relatively comfortably without any particular strains. In this regard,  in case of Scarpa my little fingers suffered and were hurt in downhills. 
Still, new Millet's width may not have sufficient play for exacting climbing situations and I would use them in milder walkings for a while until I get used to them. Vibram soles may not be happy about it.  Its upper material is nubak, and I don't know how/where Goretex membrane is employed, but anyhow, the feeling of wearing is soft and flexible. I will find about its durability and its feasibility in demanding treks later.

Sunday, May 28, 2017

旅するBikeporter Pro – Preparation/準備

UAのマイレージが期限消滅する前に特典フライトに使おうと、北陸への自転車ツアーを計画した。元々、白骨温泉あたりから乗鞍岳越えで高山に入り、日本海に出るという壮大な構想をずっと前から抱いていたのだが、5月中旬の日程では乗鞍ルートはまだ開通しておらず、修正プランとしてまだ行ったことのない白川郷を起点に能登半島を走る4泊の計画にまとめた。

まず手始めに輪行の段取りだが、ひとつは輪行バッグとしてOstrichOS500を使うことを考えた。対案は輪行箱のBikeporter Proだ。今回は帰路、能登里山空港からが特典フライトで、どちらの場合も自転車を超過料金なしの手荷物預かりとして携行可能な選択だ。一方、往路については白川郷へは高速バスで入る以外の方法はない。そこでバス会社の手荷物規定を調べてみると「自転車お断り」と明記されている。僕はこれまでJRバスのトランクスペースに輪行袋を突っ込んで何度も草津などへ行っていたが、文句を言われたことはなかった。但し一昨年塩原に輪行しようとして新宿のバスターミナルで職員にストップを喰らった。その際は窓口やドライバーと話をして何とか事なきを得たのだが、最近は締め付けが厳しくなっているのかも知れない。そこで必然的に自転車は別送ということになる。
Ostrich OS-500 輪行袋


自転車搬送はヤマト、佐川、西濃カンガルーで扱っていて、それぞれサービス仕様が異なる。旅行中の融通性の面ではOS500輪行袋が有利かなと思ったが、初めての試みでフレーム等へのダメージも心配だったので、Bikeporter Proをゲットすることにした。ここで、ヤマトの自転車便は基本輪行袋が対象で、箱の場合縦積みされることから、まず候補から外した。残る選択肢では西濃運輸の方がちょっと安心かなと専ら雰囲気でカンガルー自転車便にしたのだが、現地入り516日に向けてそろそろ手配をしなくちゃと、9日にネットの予約フォームを記入していくと、日程がダメらしく受け付けてもらえない。どうも最短での配送が18日らしい。これはいかに何でもリードタイムが長過ぎだ、直接相談してみようと西濃に電話をかける。すると、「実績のないルートなのでネットではデフォルトで自動的に一番余裕を見た日程を返しているが、明日10日の集荷なら16日配送は可能です」との答え。一旦18日でネット予約を入れ、再度電話でその変更処理をするという手筈の指示を受けた。今回は往復ではなく、往きが白川郷[A]、帰りは能登町[B]からなので、料金は4410x2となった。

配送問題はこれで完了ではなく、上記AB間で空箱移送をしなければならないという課題が残っている。OS500なら折り畳んで宅配できるので話は簡単だが、Bikeporter Proの場合サイズ的に宅配便とはならない。クロネコヤマトなら大型のヤマト便扱いだ。これは予約手配などなくて現地で集荷依頼することになるが、日程に合致するよう集荷・配送ができるのか確証はない。時間によっては宿の人に発送処理と代金精算をお願いする必要があるかも知れないというのも悩ましいところだ。但し荷物としてはかさばっても重量が軽いのでコスト負担は多くないのが助かる。

さて、集荷が翌日と言われたので自転車の梱包を急がないといけない。車体にダメージを受け難いだろうと言っても、Bikeporterは単なるプラ製の段ボール箱に過ぎない。クッションも何もないのでそれは梱包する側が工夫するしかない。僕はまず中でフレームがズレたりガタついたりしないよう、サドルを固定させるクッション性のサポートを作ろうと考えた。素材は東急ハンズで調達し、位置決めはフレームを入れたり出したり繰り返して、この辺りかなと目分量で両面テープ固定した。このクッションを加えたことでアウターリングが箱の内寸から若干飛び出すことになり、僕の場合はサドル高を2cm程度下げて収めることにした。


底部はこれである程度安定しても、上部にはフォークの先など空間があるのでそこは小物などで埋めるという話もあるが、必ず天地無用を守って輸送されるかどうかなど計り知れない訳で、できるなら家電製品を買った時梱包を開けると製品を守るように包んでいるスチロールみたいに、フレームを受け止める梱包材が欲しいと思う。僕は手元にあったスチロール材を形状がフィットするように切って両端を埋めてみた。ヘルメットや靴など同梱する小物類はその間に置くようにした。これでかなり安心感が高くなるような気がする。元々、Bikeporter Proは海外遠征(?)する際には重宝するだろうとの目論見もあって購入を決めたので、この辺の梱包テクニックは周到に考えるに越したことはないと思う。


10日にピックアップされた自転車は結局翌々日の12日には白川郷の宿に配送された。何のことはない、宅配便と大差ない速さだった。もちろん無事到着していることは何よりも嬉しいが、このかさばる大荷物が自分の到着までの数日間宿の一隅を占拠するというのは、それはそれで気が引けることではある。



Thursday, May 11, 2017

Emperor's Retirement Procedures - 天皇の退位特例法

退位特例法の詳細が報道を見てもよく分からないのだが、骨子を読む限り普遍的な仕組みの手直しではなく、今回限りの特例措置になっている。そしてこの施行日が退位の日とされ、しかも3年という期限も付く。端的にこれが天皇の退位を認める法律なのか、それとも天皇を退位させる法律なのか、それが読めない。施行日は誰がどうやって決めるのか、その手続きは説明されていない。「政令で定める」というのは、天皇の意志に関係なく内閣で決定できてしまうのではないのか?そういう権限を安倍には与えたくないのだが、これで大丈夫なのだろうか?

I can't still digest the report about the framework of Special Law for the Emperor's Advance Retirement. It is unfortunate that the Cabinet avoided a systematic reexamination instead of focusing on the treatment as an exception this time. According to the government's basic explanation, the date of its enforcement is the date of retirement, and furthermore the date will have a limit within 3 years. So, to put it straight, is this law for accepting the Emperor's intended retirement or is it to let the Emperor retire?
Nothing is explained as to how the enforcement date would be determined by whom. The phrase "as defined by the law" could imply that the Cabinet may specify the date despite Emperor's will, and I seriously hate handing such a joker to P.M. Abe!


Wednesday, May 3, 2017

Wisteria in Ashikaga Flower Park - 足利フラワーパーク

今年は昼間に観ておきたいとクラブツーリズムのバスツアーに参加。満員だった。至る所中国語が飛び交っていてここは一体どこの国かと錯覚するくらいだ。申込時のプランでは昼食後にフラワーパークに入ることになっていたのだが、実際にはツアーの最後で入門は15時半を過ぎていた。この時間には太陽の位置がかなり下がってくるので、フォトグラファー的には納得しかねる変更だった。








This year, we decided to see the wisteria during the day as we had enjoyed its night view before, and joined the bus tour run by Club Tourism which was full. Even more packed was the garden and most noticeably the Chinese language was flying around everywhere. The original schedule according to the plan when booked was to visit the garden after lunch, but actually it was arranged toward the end of the tour and we arrived at the garden after 15:30. From the standpoint of a photographer strictly speaking, this was unacceptable because the sun was already in decline.