Thursday, August 7, 2014

Hidden Handel – 仏ナイーヴ盤のAnn Hallenberg

大変質の高いアルバムです。ライナーノーツには「このアルバムにはヘンデルのオペラ及びオーケストラ作品の中で全くあるいはほとんど知られていない曲を扱っており、アリア12曲のうち9曲は初めての録音だ。ニ長調の行進曲HWV416もまた然り。アリアの多くは既存のオペラの挿入曲(=arie aggiunte)で、後日の舞台でソリストが異なることに対応したものだ。」と解説されています。
次々と溢れ出る耳当たりの良いヘンデル節はヘンデル好きにはたまらない一枚。アラン・カーティスとメゾソプラノのアン・ハレンベリは現在最強のカップリングと言えるでしょう。彼女を初めて聞いたのは2008年ノーベル賞演奏会で、ガーディナーがモーツァルトのハ短調ミサを指揮したビデオでしたが、メリスマの美しさはあっけに取られるほどでした。


Quality recordings as expected. Alan Curtis and Ann Hallenberg are probably the most dependable coupling for Handel operas today. In the liner notes, it explains “The Handel arieas and orchestral pieces on this disc span a narrow spectrum from the comparatively unfamiliar to the practically unknown. Nine of the twelve arias are recorded here for the first time, as is the D-major March, HWV416. The arias are mostly arie aggiunte, composed for insertion in later performances of existing operas to accommodate a different cast of singers.”
A flow of comfortable Handel melodies is a true delight of Handel lovers. Ann Hallenberg's presentation of melismas is amazingly beautiful and I don't forget the first occasion I heard it in Mozart's C-minor mass in the video of 2008 Nobel price concert.

Thursday, July 10, 2014

我がバイク構想修正中 - My Bicycles Evolve


買い物で走行中、リア・シフターのラチェットが滑って変速が出来なくなった。これまで何度か見舞われているトラブルで、カンパChorus STIの心臓部の歯車が回転の弾みで位置ズレを起こすのが原因、レバーをローに押しすぎたかな。
今回は「どうせバラして直すなら、ついでにしばらく温めていた構想を実行することにしよう」と、2台の自転車の制御系パーツを入れ替えることにして、シマニョーロ11速はCristalに載せ、Onix10速に戻すという変更に取りかかった。

これはスペインの巡礼路で見た自転車事情に刺激されたと言っても良いのだが、向こうで走っていたのは悉くMTBで、以前フランス・ピレネーで見たツーリング風景とは全く違っていた。路面のことを考えると、細いロードローサーのタイヤでは一気に不安が増すのは確かだ。特にコンセプトもなく組み上げた今のロードレーサー2台だが、それぞれを今後多様な旅などにも持ち出したいし、もっと広い用途に適用させるべく構想を練ってみようと考えると、少なくとも今のフレームはそのままでもシクロクロス・タイヤの用意は要るだろう。


まずBH Cristalだが、軽量パーツはこちらに集約してランニング・マシンとしての仕様を強化する。元々このフレームはパートナーが走る時のためという口実を大義に大枚を叩いたものだが、カミさんを含めロードを走りたいというパートナーは結局登場していないので、この際堂々と自分専用の細工を施してしまおうという決断だ。アルミホイールを抱いてシャープな風貌だったCristalが、ZIPPに変えた途端に戦闘的な雰囲気に一変した。これに将来はDi2を搭載したいと思っているのだが、何ら電動対応が施されていないフレームなのですべて外付けになるとBHに言われて今は引き気味になっている。その代わり、クランクをFC-9000にして、ブレーキはPlanet-XのCNCで妥協するなどすれば6kgに近い重量を目指すのはかなり現実的な話だと思う。サドルもPrologo C.one30を米国に確保してある。

対照的にOnixは日常用バイクとしてのバランスとシクロクロス・ツーリング指向を持たせる。ホイールはこれからだが、フルクラムのレーシング5CXにする予定。ZIPPに慣れた身体には重いだろうが、元々Onixは登坂性能が良いし、ロード主体のツアーの時はキシリウムとCS-7900に乗せ替えれば良いと考えている。近場の買い物など日常使いもあるので、万一盗難に遭った場合の損害が甚大にならない対策という面もこの構想の一要素だ。
因みにこの2008年モデルは、ルックス的には今やクラシック年期を感じるものの、Orbea最後のスペイン国内産カーボンフレームで、それなりの愛着から買い替え処分する気になれない。



While I was running for routine shopping, the ratchet in the STI control lever for the rear shifter went slipping to cause the derailleur stop functioning. I had encountered the same problem a few times in Campagnolo Chorus STI. Maybe I pushed the lever excessively. Well, I have to open it and reset the cum in place, then it may be a good opportunity to execute the plan I had been thinking…
That is to replace the controller parts between the two bikes I have: 11-speed goes to BH Cristal and 10-speed goes back to Orbea Onix.

The bike situation that I saw in my recent trip to Spain may have stimulated me to consider this because all the bikes I saw in the pilgrim road were MTB which was a totally difference scene from that in French Pyrenee. The road surface was indeed a definite problem for narrow road racer tires. I would at least like to couple my existing frame with some cyclocross tires logically. Ultimately, my two bikes could possibly have different focuses in their concept in order to cope with wider applications.

Firstly, BH Cristal will gather most of light-weight parts to enhance its character as the running machine. I obtained this BH frame originally for my partner just in case she joins biking, but so far she stays reluctant, therefore it may be time to assume this bike purely for myself now. When it is coupled with ZIPP wheels in place for sleek, aluminum Mavic, the mood became completely aggressive. I am thinking of Di2 installation in the future, but this Cristal frame has no provisions for Di2 according to BH, and everything has to be external, which distracts my motivation quite a bit. If I get FC-9000 cranks instead and compromise with Planet-X CNC brakes, the weight can be very close to 6kg realistically. I have Prologo C.one30 saddle waiting for my pick-up in US for this project.

In cotrast, Onix will be my daily-purpose bike and would serve for sort of cyclo-cross applications. For that, Fulcrum Racing 5CX wheels are in my shopping list. They may be heavy to drive in comparison with ZIPP, but Onix itself performs great in climbing, and I can still use Mavic wheels with CS-7900 cassette for road tours. Without having too exotic components with Onix, the damage when lost or stolen may be minimized. The 2008 frame is the last model of Onix carbon produced in their Spain factory, and that is one of reasons I cannot sell it out for something else.

Saturday, July 5, 2014

巡礼路フランス人の道を少し歩く - A Short Walk on the French Way


巡礼路歩きの記録をアップしなければと思いながら、帰国後一月を経過してしまい、今やモチベーションも上がらない。行程マップは以前アップしているので、旅の写真数枚だけで総括でもしておこうか。

モン・フォルテ・デ・レモスからサリアへのバスは40分くらいと意外に近かった。今回は出たとこ勝負の巡礼宿は1箇所だけで、あと予約できるところは確保を済ませておいた。但しサリアの宿は改装工事に入って隣に移って欲しいと、事前にBooking.comから連絡をもらっていた。この宿では、人生を積極的に楽しむため島根の教員を早めにリタイアしたばかりの一人旅男性と遭遇し、ワインとつまみで四方山話に花を咲かせた。巡礼者は各国様々だが、遠くブラジルやオーストラリアからというのが意外に多い。アジア人はほとんど韓国人だった。


僕の歩きの行程はサリア→ポルトマリン→パラス・デ・レイ→メリデまでの3日。連れはさらに2日かけてサンチアゴまで歩き通したが、僕は膝を懸念してメリデからは一足先にバスで移動した。この予定は体調的には正解だったと思う。歩きそのものは自分捜しみたいな精神的な動機があるわけじゃなし、膝の様子を確認しながら単純にスポーツ的にハイキングしてみた以上でも以下でもないが、少なくともこの巡礼路歩きを含め何かに追われることもなく1ヶ月旅に浸っていて、心にゆとりのような豊穣感を植え付けてくれたことは実感する。どこでもそうとは限らないが、スペインのこの地域がもたらしてくれる良さかなと思う。年に一度、喧噪を忘れこういう旅が出来ればと、相棒も想いは同じ。

Sarria - the river fence with the symbol scallops

Portmarin - very relaxing

Albergue Ferramenteiro - huge dormitory

The most gorgeous signpost on the Way

Pilgrim road with Blessing above in the sky!

Fuente water for pilgrims on way to Palas de Rei

Church in Melide

Final destinatation

Mass for pilgrims

Sunday, June 8, 2014

西班牙歩きの旅#8 - Monforte de Lemos


巡礼路から外れることにしたのは、人気の峠セブレイロの宿が一泊予約できなかったことから、無理を強行するのも膝に不安があるし、回り道を検討し始めたからだ。するとクレデンシャルの最低条件100kmが確保できるサリアに南北から入るバスルートがあることが分かった。北のルーゴから行くより南の川沿いの方はどうかなと調べていくと、オーレンセ手前のモンフォルテ・デ・レモスという街にはパラドールがあり、川向こうの山に入れば評判の良いロッジとトレッキングルートもあることが分かって俄然興味が湧いた。パラドールの宿泊もそれほど高額ではないことから、このプランで相棒の了承を得た。
アストルガから汽車で約2時間半、駅前は活気なく寂れた田舎町かなという印象。タクシーもいないし、もともと歩くつもりでいた1kmくらい先の丘の上まで歩を進める。登りは標高100m近くありそうなのでそれなりの労力だった。大体、このパラドールに徒歩で来る客はまずいないだろう。古い修道院を改装した宿は周りの景色と静けさに落ち着ける場所という感じで、それからの2日間はフロントのロシオやレストランのバネッサとの親しみあるサービスと会話のおかげで楽しい滞在となった。




到着した日はホテルで食事を取り、翌朝観光案内所に向けてさらに街の先に行ってみると、むしろそっちが街の中心部のようでお店が増えてきた。骨董機械時計のお店などは土産を買いにもう一度戻りたいほどだ。案内所はワインショップの奥にあって、あれこれ相談の結果一軒の地元Ribeira Sacraのワイナリーへの訪問をアレンジして、タクシー手配もしてもらい乗り場に向かった。ワイナリーはどこも10km先のシル川沿いなので歩いては行けないようだ。

ワイナリーAdega Algueiraは田舎の一軒家で、別棟でレストランも経営している。オーナーのFernando Gonzálezさんが出迎えてくれ、中で英語の案内ビデオとテイスティングで1時間少々という組立のようだ。タクシーは後で迎えに来てくれる手筈となる。しかし10種類ほどのワインを次々に試飲しながら質問や会話でだんだん盛り上がってきてFernandoさんの話にも熱が入る。「日照が良いのでビオが出来る。水はけの良い土壌はここではティエドラ(テロワール)じゃなくて、ピエドラと言うくらいでね。」元々銀行の仕事をしていたのを辞めてワイン造りに入った気骨あるガリシア人で、ローマ時代からの伝統製法を踏襲し、樽は地元のガリシア・オークに拘ったりもすると言っていた。僕らはどうしてもワイン畑が見たいのでそう申し出ると、それは川から標高差最大500mの急斜面に一面段々畑を作っているので車で送ってあげるからその先歩いてご覧ということになった。表に出るとちょうどタクシーが頃合いを見て迎えに来たところで、訳を説明して迎車をさらに1時間遅らせてもらうことにした。確かに日当たりの良いシル川の南斜面は見事に全面段々の葡萄畑となっていて、ここまでの開墾や斜面での手入れ・収穫など大変な作業だと思った。(5月13日)


A sideway here was another Camino with St. Jacques! ここにも巡礼路!
The reason why we went off the Camino route was simply because we could not book a night at the popular Cebreiro Pass. I was worried to walk further to burden my knee, and started investigating detours. Then I found Sarria was accessible from north and south where is more than 100km away from Santiago enabling the Credential. Looking into the south route along Ria Sil instead of the north via Lugo, there was a city called Monforte de Lemos before Ourence where a palador was conveniently located near the station and if we go further sounth into the mountains across the river, a well-reputed lodge and some trekking courses existed, and all this sounded totally exciting. Also, the palador was actually affordable, and I obtained the consent from my partner about this alternative plan.

The train ride from Astorga was 2.5 hours, and nothing active in front of Monforte station: It looked almost like a deserted country town. There were no taxis but we anyway planned walking. The palador was on a hill with nearly 100m elevation, so one should expect some effort to make. There will be practically no others to visit the palador on foot. It was again a renovated, old monastery into a nice and calm lodging with the view of surroundings. For two days, we had a wondeful time thanks to the hospitality and friendly conversation with Rocio in the front desk and Vanessa in the restaurant.

We dined in the palador the night we arrived, which was nice. Next morning, we went to the tourist information further ahead, and this direction was actually the center of the town with more shops around. We were so interested in an antique clock store that we really hoped to come back here again to buy one. The information was side by side with a wine store, and we discussed with the staff the possible attractions to conclude in the end a winery tour in Ribeira Sacra arranging a taxi transportation in order. All wineries were along Ria Sil and the distance of 10 miles did not look practical for walking. So we went to the taxi stop.


Adega Alguera looked like a house, and they had another house serving as their restaurant. The owner, Fernando González, greeted us and the tour course was basically showing a guide video in English followed by some tasting for about an hour. As we go on the tasting of 10 different wines, all of us got more passionate through the converstion and questions/answers. “Sufficient sunshine allows bio here. And the soil is realtively dry, so we rather call it piedra here instead of tiedra (terroir)”, says Fernando. He used to be a banker before and turned into a wine maker, a stuborn Galician, stressing that they maintain the tradition of Roman wine-making methods and some of their barrels use local Galician oak. We appealed to him that we were interested in seeing the actual vineyards, and he offered a ride to the area near the river allowing us some walk there. In the meantime, the taxi came back to pick us up, and we explained and asked the driver to delay our pick up once again. The landscape of the slope up from Ria Sil was all vineyards in small incremental steps entirely under the sun which was wonderful. On the other hand, cultivating this land and continuing the care and the harvest seemed a real hard work.


西班牙歩きの旅#7 - Astorga

朝の830分、アストルガに向かうバスに乗る。ガウディの司教館はお休みと分かっているので、今日は昼過ぎまで街に滞在したら、午後には汽車で巡礼路を離れ南に向かう計画だ。


ガウディの司教館もさることながら、隣のアストルガ・カテドラルも見ておくと良い。教会はルネサンスからバロック期に建てられたもので、大きくはないが中は美しく仕上げられていた。








ブルゴスではのど飴で済ませていたが、風邪気味の喉と鼻水が改善しないので、思い切ってファルマシアに飛び込み、症状を何とか説明して風邪薬を買った。ついでに睡眠薬もお願いしたが、しっかりした薬局で「アレルギーは?」「服用中の薬は?」などと親切に対応してくれた。(5月12日)



We took bus at 8:30 in the morning for Astorga from Leon. Knowing that Gaudi’s Episcopal Palace was closed on Monday, our plan in Astorga was to stay in town until 14:00 train heading south off the Camino for a while.
Sitting next to Gaudi’s Palace was Cathedral which is worth visiting, too. It was built in the ages of Renaissance to Baroque, and not so large but beautifully finished inside.

In Burgos, I bought some cough drops but they did not help much to improve the problem of my throat and running nose, and I thought I should go get some pills in a pharmacy. I explained my symptom, and the staff were kind enough confirming my alergy and medical status before arranging medicine for the cold. I also managed to get some sleeping pills.

Saturday, June 7, 2014

西班牙歩きの旅#6 - León

レオンは小休止と日程調整の可能性を考えて2泊だったので少し奮発して上質ホテルに入る。Hospederia Monastica Pax(€74/朝食込み)はその名の通り修道院の一部をホテルに、さらに隣部分をアルベルゲに改装した宿泊施設で、場所はかなり分かり辛かったが中はゆったりとスペースが確保され快適だ。ここではTVでマドリード・オープンのナダル・錦織戦などに興じた。
Hospederia Monastica Pax
The neighborhood
レオンの滞在はちょうど週末で目指したレストランが閉まっていたり、ホテルでくつろいだ他は街についてあまり記憶に残っていないのだが、道路には立派なホタテマークや不可思議な足跡が埋められていたり、大聖堂にももちろん行ってみた。聖堂は市民が崩壊を心配するくらい不完全な工事と傷みから長年補修が続けられて今に至っている。手が入った年代が何度か違うので外壁の色が場所によって異なるのだろう。内部は全体的には質素と言うかシックな感じで、オルガンが両側に配置されていた。






聖堂と同じ通りにガウディが設計したと言われる建物がある。今は銀行らしい。その前の広場ではガウディ本人がベンチに腰掛けていた。(5月11日)



2-night’s stay in Leon was intended for a break and possible schedule adjustment, and we had booked an upper-level hotel, Hospederia Monastic Pax (€74 incl. breakfast). It was literally a modified monastery for hotel facility and separate albergue as well. We had some difficulty finding its location, but once inside the hotel was spacious and comfortable.

The break coincided with a weekend, and the restaurant we were interested in was closed. I actually don’t recall much about this city except mostly relaxing in the hotel room such as watching the Madrid Open tennis final of Nadal and Nishikori on TV. We definitely walked a bit to notice a rigid scallop mark and a strange footstep on the main street as well as visiting the Cathedral: Due to its poor construction and aging damage, the citizens were worried about its ceiling collapsing and had to spend years for renovating it. It was visible because the colors of structural outer wall stones were not uniform here and there. Inside was rather moderate, or I should say chic. The pipe organs were placed on both wings. 

A few minutes along the main street from the Cathedral is a building designed by Gaudi, now used as a bank. Gaudi himself sits in a bench in front of the building.


Friday, June 6, 2014

西班牙歩きの旅#5 - Burgos


ログローニョからブルゴスに移動のため宿を出てバスターミナルに向かう途中のことだ。ここで最大トラブルに見舞われた。今回はATMでこまめに現金を引き出すことにしていて、サラゴサで一度首尾良く操作できたので、道路の反対側にATMマシンを見つけた時、いろんな端末に慣れておこうかと思い引き出すことにした。問題は国際キャッシュカードのつもりが、無意識にいつも使っているVISAカードを挿入してPINコードを入力してしまったことだ。コードが違って8桁必要とか何とか表示されてハッと気付き、キャンセルを押したら、操作終了してしまいカードが戻ってこない。そこはBankiaという銀行だったので、中に入って助けを求めた。出てきた女性は英語が出来ないと言いつつ、そこは銀行員なので簡単な言い回しは英語にしながら説明してくれた話では、不正操作等で機械が食べてしまったカードについては法律ですべてマドリードの中央銀行に送られることになっていて、ここではどうしようもないとのこと。取り戻す手続きはと尋ねても、カード会社に相談してということだ。VISAカードのキャッシングも出来る機械なのに、一度の操作ミスで即死というのはちょっとフールプルーフになってないよと不満に思うのだが、女性銀行員の応対も事務的というより親身にあれこれ説明しようという気持ちが出ていたし、このカードは失われたものと諦めるのが自然に思えた。流石にこの事故後はずっとATM恐怖症がトラウマとなって尾を引く。ブルゴスへのバスは巡礼路のサント・ドミンゴ・カルサダ方面ではなく、ワイナリー巡りをした北側のアーロを経由するルートを取ったが、ここは自転車ロード・ツアーしても快適そうな風景だった。

The bus to Burgos took the northern route via Haro instead of the pilgrim way via Santo Domingo de la Calzada. This road looked well suited for a bike tour with nice scenic views.


ブルゴスのホテル、フォーラム・エボリューション(€55)は開業2年ほどのとてもモダンなプチホテルで、大聖堂のある中心街とは対岸側のバスターミナルに至近の立地でスーパーも近い。室内のレイアウトは合理的で、バスルームのトイレに仕切りもあるし、なにしろ大いに気に入った。二人でこの値段なら何も言うことなしだ。宿の名前が何なのだろうと思っていたら、これは近くにある東京国際フォーラムみたいなイベントスペースの名前で、これまた魅力的に斬新な建物だった。
Forum Evolucion (€55) in Burgos was a very contemporary petit hotel that runs now for over 2 years. It locates very close to the bus terminal as well as supermarkets conveniently in the other side of Cathedral across the river. The room was designed nice and clean, and in the bathroom the toilet can be shut by a sliding glass door. I was fully content with the quality for the price for two. I was curious about its name and soon learned that it was another huge event facility of the city across the street, and its modern architecture was attractive.










ホテルのカフェで軽くランチをしてから街に繰り出した。ここまで来ると流石に巡礼者も多く、我々も公営巡礼宿に出向いてクレデンシャルを発行してもらうことにする。150名くらいの収容能力を持つ近代的な施設だが、夕方だったので巡礼者は「もう今日は満室」と宿泊を断られていた。
We had a light lunch at the hotel café and went out for sightseeing. We saw more pilgrims here, and we walked to the municipal albergue for issuing our own credentials. It was a modern renovation of building with the capacity of some 150 pilgrims, but around 16 or 17 o’clock in the afternoon, they were telling to the visiting pilgrims that the facility was already full the night.

ブルゴスで必見の見所は2ヶ所。大聖堂とラス・ウエルガス王立修道院だ。大聖堂については誰もが訪れるので言うまでもないと思うが、今回見て回った教会の中でも一際豪華な聖堂だった。周囲のチャペルひとつひとつに、そして天井伽藍のそれぞれに惜しみない労力が費やされている。
There are 2 spots you shouldn't miss in Burgos: the Cathedral and Monasterio de Santa María la Real de Las Huelgas. No need to add a word for the Cathedral as everybody visits there, but it was indeed the first class in terms of gorgeousness among many churches I visited this time. Each surrounding chapel and its ceiling showed breath-taking artistic effort.












サンタ・マリア・デ・ラス・ウエルガス修道院は王家が維持してきた女子修道院で、街中からは少し遠いが歩いて行くと途中高級住宅街を通る。我々は13時前に着いたのでシエスタの閉館まで1時間はあると踏んでいたが、発券窓口は1時間前倒しで締めるのでもう無理だと言われた。ここは必ずガイドが付いての見学で、英語のガイドもいないしと言い訳されれるのに対し、遠路遥々日本から来たんだよなどと願い奉ると、スペイン語のツアーが入っているのに参加でも良ければと入門許可が下りた。確かここでは拝観料のシニア扱いはEU圏のみと言われたかな。スタッフに導かれてツアーを追ってみると、スペイン人ツアーグループと思いきや、客は女性ただ一人。しかも案内しているガイドさんは英語OKで、我々のため英・西2カ国語の説明を開始してくれた。館内はゴシックあり、ムデハルあり、流石に王室の修道院で趣があるが残念ながら撮影禁止。説明も丁寧で充実した見学だったが、観に来る人がこんなに僅かというのはいかにも勿体ないと思った。
Monasterio Las Huelgas has been maintained by the Spanish kingdom. It locates a little away for the center, and you walk through an upper-class town of nice flats. We arrived at Monasterio before 13:00 assuming sufficient before Siesta closing at 14:00, but they said to us the ticket gate closed 1 hour in advance already. Here the visitors have to be guided and they said English-speaking guides cannot be arranged immediately either. We begged them asking how they could help miserable visitors all the way from Japan, and in the end they somewhat reluctantly replied that we could catch up and join a Spanish tour already in process. So a staff took us inside the monastery and let us merge with the tour. We thought it would be a group of Spanish people but actually there was a single only lady visitor there. The guide actually spoke English, and she started explaining in 2 languages. This tour was impressive. Both architectural variety and quality, although photos were not allowed. We thought more visitors should see this.





もうひとつ、サン・エステバン門から登る山の上に城跡があるので行ってみたらなぜか閉門されていた。あとから一人女性が登ってきて、確かクロアチアの外交官夫人だと言っていたが、お互い残念がった。それでも少し下ったところに展望台があり、ブルゴスの街が一望できた。(5月10日)
One another spot: Castillo on a hilltop behind the Cathedral. We walked up via San Esteban, but the facility was close somehow. Another female visitor was seen coming up, a Croatian diplomat's wife this lady introduced herself, and we regretted our misfortune. There was a vista point downward, so we could at least have a panoramic view of the city.