Saturday, January 10, 2009

MacWorld 2009

Macworld Expoというのはアップルにぶら下がってビジネスをしている会社が集うコンベンションで、特にMoscone北館の展示ホールは有象無象の混沌という趣なのだが、マックファンとしては見ておきたいという気持ちが募るショウではある。今年は目玉がないと聞いていたが、確かに17インチ新型ノートが他のラインアップと並んで出ていた程度だった。iPhoto 09の説明を聞いていると、faces and placesと言って、顔認識を使って写真の被写体毎にフォルダを作って自動的にそれらを育てたり、デジカメには撮影時の物理的な緯度・経度情報も記録出来る機種もあるので、それを使って旅先毎のフォルダ、あるいはFlickrやアルバムでの機能活用と、一般ユーザーのデジタル映像管理をかんたんに楽しくする方向性を強くアピールしていた。南館アップルの巨大なスペースの周りはOffice 2008の機能説明をしていたマイクロソフトとか、FileMakerがいたけど、Adobeは不参加なんですね。それにしてもどうしてAculaがフォーミュラ・マシンなんか持ち込んだのかな?

MacWorld Expo look like a rather chaotic show for an international, leading event where major and minor companies who do business under apple’s umbrella gather in San Francisco, and it still attracts Mac fans.
This year it has been reported to be no great news, and yes, there was only new 17-inch notebook displayed among other line-up elements. I listened to the iPhoto 09 presentation that seemed appealing the enhancement in involving consumers more in organizing their digital photos easily, powerfully and with fun. The new feature was called “faces and places” using face-recognition technology and location data in some digital pictures to sort out all pictures by individuals or by destinations.
Surrounding the huge Apple space was Microsoft explaining their new Office 2008 functionality and FileMaker, but Adobe was not participating. My biggest question was why Acula brought a formula car in their booth lounge.

No comments: