Monday, October 12, 2015

Midori's Bach - 五嶋みどりのバッハ

8月初めに予約して月末に発売予定となっていた無伴奏ソナタとパルティータのアルバムが3度の延期を経て108日にようやく手元に届いた。早速ディスク2枚を一気に通して聴いたが、演奏は素晴らしいと感じた。颯爽としたスピード感で、抑制的と言えるくらい表現に余計なところがなく、緊張感と美しさがバランスする演奏だ。いずれの曲も完成度は高いと思う。自らこの録音をBach Projectと名付けていたくらいだから、満を持して取り組んだに違いない。

アルバムの小冊子には五嶋みどりがどのようにバッハと向き合ってきたかを本人が綴った約4頁の英語の(+独仏の)文章がArtist’s noteと題されて添えられている。この文章を読んで行くと彼女がアーティストとして成熟の域に達していることが、その語り手としてのスタンスから自然に理解できる。とても良いライナー・ノーツだ。

母が練習していたバッハの曲を数日後に口ずさんでいたという2歳の頃の逸話、7歳で初めてバッハのソナタのレッスンを開始した時の驚きと困惑、他のどの作曲家よりもバッハの曲には学ぶところが無尽蔵で、毎回発見があり、独奏者デビュー30周年に達した2012-13年はこの無伴奏全6曲の録音に向き合う「良い頃合い」と判断したとのことだ。彼女はルネサンス期のearly musicからfreshness and freedomのスタイルに触れたことが大きいとも語っている。

I pre-ordered this album in the beginning of August for the scheduled release in the end of the month, and then received the notices of postponement for three times. Finally, the delivery was made on 8 October. I immediately listened to all 6 sonatas and partitas in a row to find the performance excellent. Each piece of music is very high in quality with solid swiftness and beauty in balance. Her expression is, if I may interpret it,  restrainedly clean without any excessive maneuvers. She referred this recording as her "Bach Project" that implies how precisely she prepared for it.

In the booklet is a 4-page writing by herself, titled "Artist's note", explaining how she dealt with Bach throughout her career, and I can see that Midori is now a truly mature artist by the stance of writing. I like this liner note very much.

No comments: