Monday, December 31, 2007

Poorman’s wine of the year - 2007年のお手頃ワイン

今年は夏にワインセラーを買い換えた。と言ってもサイズはあまり変わらないのだが、棚のピッチが細かくなったことで収容能力は30本前後から50本くらいにアップ、おかげで先行予約のprimeurで少しずつ買いだめするワインもスペースを占拠するということもなく安心して寝かせられる。それにしても名の通ったフランスワインの高騰ぶりは異常としか言いようがない。この傾向がこのまま続けば普通のファンは離れていくだけでしょう。
さてこの1年に飲んだ1500円級のワインの中から、「これはうまい!」と記憶に残った3本を挙げてみよう。どれも柔らかさと充実感を備えていた。(他にもっとお薦めがあったら、教えて!)
Garnachaはボジョレーよりこれという感じのフレッシュなスペインワイン。Cuvée Tamariusはピレネー産で地味ながら果実味がしっかり。Triennesはプロヴァンス産のカベルネ+シラーというしっかり系でバランス良く、カミさんも「合格!」の一言でした。

Castillo de Monseran 2004 - Garnacha, Cariñena
Les Tamarius 2005 – Vin de Pays des Côtes Catalanes, Mas Cremat
Les Auréliens 2004 – Vin de Pays du Var, Triennes

I replaced my wine cellar last summer. The size was not actually much a change but the capacity increased to about 50 bottles from 30 because of narrower pitch of wire shelves. The advance Primeur bottles that I add gradually each year in my collection are no more dominant in the cellar. The recent inflation of renowned French wines is totally insane, and if this continues, it only helps normal wine fans go elsewhere.
Looking for affordable good wines more seriously, the listed above were quite impressive among those I encountered in 2007 and paid less than 10 Euros. Bonne Année!

1 comment:

Anonymous said...

That was enjoyable to read, thanks for posting it.



my web-site :: Bing (http://www.bing.com)