Thursday, March 6, 2008

MacBook Air その後

美形MacBook Airとの付き合いは苦労の連続で始まった。付き合う前に相手の性格をもう少し正確に把握しておくべきだったかな。少なくともUSB-Ethernetアダプタ、スーパードライブ、USBハブ、そして外付けHDDも本体と一緒に購入すべきだ。僕の場合、唖然とするほど時間を要した移行作業がうまく行かず、ディスク容量もかなり食ってしまったので、思い切って全部消去して更地からやり直すことにした。アプリケーションは再インストールした方が簡単だったし、仮想ドライブに頼らない方がよい。次に写真や音楽の蓄積による負荷を考えると、データ管理に追加のHDDが欠かせなくなると思う。理想的にはTime Capsuleを拠点にTime Machineを走らせ、外回りにはClassic iPodを外付けドライブとして組み合わせるのがグッド・アイディアかもしれない。OfficeもCSも最新バージョンにしてあらかたの整理を終えたところで空き領域が35GBとなった。そこからBoot CampとWindowsに10G充てたが、マックのUSB-EtherアダプタはWindowsには使えなくて、さらにバッファローのアダプタまで買い足した。この付き合い、この先しばらく出費が膨らむばかりだ・・・それにしてもLEDバックライトの画面は美しい。周囲の明るさに応じて画面の輝度も自動制御までしている。

It started with a series of painful efforts to deal with a beauty, in this case MacBook Air. I should have understood my partner’s character in advance at least such as getting ready from the beginning with USB-Ethernet adapter, Super drive, USB hub, and an external HDD addition. In my case, transferring the previous environment took impossibly long hours and ate up too much disk space, and I erased everything to restart from the scratch. You shouldn’t depend on the virtual drive anyway. It would be an excellent approach to couple it with a Classical iPod as it needs some external disk space eventually. I found the Mac LAN adapter did not work under Windows, and had to buy another adapter. This relation forces me to spend money. Nonetheless, LED back-lit display is beautiful. It automatically controls the brightness depending on your environment, too.

No comments: